2011-02-21

法事にて


父の一周忌の法事が終わりました。

なかなか親戚が集まる機会がないので、貴重な機会。


甥っ子に、

『たまみぃ、ウメちゃんはどうしたの?』

と、ペットの、ウサギのウメの所在を 聞かれたので、





『煮て食った』





といったら、
みるみる涙目になり…。




あわわわ



冗談だよぉ。




ウメは、ともだちんちでだいぶ可愛がってもらってますから。



しかし早いもんでもう一年たつんだねえ。

あれから激動の人生です。
とーちゃんが亡くなった時、高齢だったとはいえ、やっぱり、いのちの長さは、医者や薬や病院が決めるものではなく、

本人か、その家族が選択すべきだと実感しました。
医者の言うことが絶対ではなく、選択できる医療が必要なんだよね。

その前に病気にならない身体つくりも大切だし。
だから今、医療施設で頑張ってるわけです。


もちろん、アーティストとしての仕事もばっちりしてます。もうすぐ、お話できるので、待っててね



ウメはお金なくても食べませんから安心してください。 食べられる箇所ないし

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

むかし子供のころ私の田舎ではアンゴラうさぎを飼うのが流行していました。ペットではなく、飼っているアンゴラの毛を売るのです。もう50年も前の話です。街には毛をカットして買ってくれる業者が何軒かありましたよ。
我が家では二羽飼っていましたが、一羽は病気になって動物園のライオンの餌として引き取られ、もう一羽は冗談でなく、死んだからといって大鍋で煮られました。鍋の蓋を開けた時のショック、今でも忘れられません。私はとても口にできませんでした。食糧事情が悪かったころのお話です。
私もこの四月、父の三回忌です。

ていていさん

し、し、衝撃的なコメントでした。
それはすごい経験でしたね  ペットが食べられるって、一番想像したくない結末です 

ウメを大切にします 
カテゴリー
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる