2011-02-10

ぴよちゃん 加湿器


親友の まろちゃんから、 こんな加湿器をいただきました♪

毎日、会社で、私の行くところ行くところ、つれて行ってます。

まろちゃん、ほんとにありがとう。

そんなまろちゃんですが、 前にこのサイトでも少し触れたよに、今、肺ガンと闘っています。
うちと提携の、鳥潟クリニックがやっている 免疫治療細胞療法をやっていて、
かなり元気になったのですが、その彼女のブログにこんなことが紹介されていて、ほんとに納得したので、
少しここでも載せたいと思います。


てんつくマンさんという方のメルマガです。

ご家族がガンの方、免疫疾患の方は是非参考にしてください。
************************************
今日は「治すホスピス」っていう本を書かれている平田口腔顎顔面外科(こうくうがくがんめんげか)がんヴィレッジ院長医学博士の平田章二先生にインタビューしてきた~。

一言で言うと、平田先生はめっちゃ愛の先生やった。

口腔顎顔面外科っていうのは顔に出来るガンの事。

平田先生はこの専門医なんや。

今は西洋医の他にも補完代替療法をやってはるねん。

免疫力を上げる為になにが出来るかなっていろんな治療方法があって、先生が言ってたのは、末期ガンなんてない。

心が末期になるだけだ。

つまり、心があきらめるからそうなるって。

だから、どんな状態でも治る人は治るから最後まであきらめちゃ駄目だって。

先生のところでもこの五年間で末期ガンでもう治りませんって言われた人が5人生きてはる。

たった5人って思うかもしれんけど、西洋医学一辺倒のガンセンターで働いていたりしていた時には、末期ガンが治った人とは1人も出会ったことがないって。

ちなみにこの5人の共通点はガンによって心が変わった人。

自分は生かされている事に気付いたり、感謝したりした人が治っていったんやって。

先生はガンの80%は心って言うてはった。

無理しすぎて心が疲れてガンになるって。

だから、無理したらあかんで~って。

先生は西洋医学の病院で働いている時、ずっと不思議やってんて。

治療する人の方が速く亡くなっていく。

なんでなんだ?

病院にちゃんと通って医者の言う通り治療してる人の方が速く亡くなる。

これは絶対におかしいって思ってドイツに勉強しにいったら、ドイツはまったく逆やったって。

出来るだけ手術も抗がん剤も使わないようにして、手術後も抗生物質をうつこともないって。

やっぱり日本の病院はめちゃくちゃ遅れてるんやわ~。

この前、和田ベンさんが食道ガンでなくならはってんて。

普通なら1年で亡くなるはずなのに2、3年生きてんて。

ちなみに和田ベンさんはまったく治療をしなかったって。

おそらく治療してたら一年以内に亡くなってたやろうって。

いやぁお医者さんから直接聞くとリアルやわ~。

今、平田先生は西洋医学のいいところをいかしながら、いろんな治療方法をやってはる。

詳しい事はホームページを見てちょうだい。
http://members.jcom.home.ne.jp/oral-surg/

北海道の方~

もしくは違うところでの方でもいいけど、平田先生はめっちゃお薦め。

まじで目が奇麗な先生やったわ~。

この前、大田篤さんが言うてた言葉を思い出した。

「もしも、あなたが病院に行って末期ガンで余命三ヶ月と言われたらどうしますか?」

「先生、お任せします!って、いっぱいお金を払って病院で三ヶ月後に死にたいですか?」

「私がもし、末期ガンで余命三ヶ月と言われたならば、お金を病院に払うのではなく、三ヶ月好きなことをして死にますよ」って。

「最後の思い出をなんで三ヶ月後に死ぬって分かってる病院で過ごすんですか?」

「やりたいことをやったらいいんです」

「今まで行きたかった場所はどこですか?」

「なにをしたかったですか?」

「好きに生きたらいいんですよ!」

「もう診察なんて辞めておびえるのをやめて、好きに生きたらいいんですよ」

って。

すると結果、ガンが消えることがあるって。

平田先生も同じようなことを言ってる感じやった。

ガンを殺そうとするんじゃなくて、自分の免疫をあげることを考える。

その為にはいっぱい笑い、楽しみ、感謝する。

それなんやと思うわ~。

それは今からみんな出来ること。

やりたいことどんどんやっていこうな~。

ただ生きる為に生きるんじゃなく、楽しむために生きるんやで~。

てんつくマンさんのメルマガはこちら
http://bn.merumo.ne.jp/backno/bodyView.do?issueId=2011020917195900518931000




みなさんはどう思いますか?
私は、父の時で実感しましたが、いのちの長さは、医者や薬が決めるものではなく、本人が決めることだと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリー
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる