2009-09-16

夢を奏でる蔵の中でのショパン

20090916030048
20090916030033
日曜日に、福島市の県立図書館の近くにある、蔵をライブハウスに作り変えた

「夢奏蔵」(ゆめかなでくら)という、名前だけで、幸せになれそな蔵で行われた、ショパンのコンサートに行ってきました。

ミハウ ソブコヴィアク さんという、ショパンと同じ ポーランドのピアニストの演奏会で、会場は満員でした。

時々、虫の声なんかもきこえる、ほのぼのとした、木の香りのする蔵の中で、極めて優しい音色の
ショパンの曲を堪能しました。

ピアノも、かなりアンティークな感じの、フランス製の、ショパンが使っていたものと同じブランドのが置いてありました。


ミハウさんも、トークは天然な感じでおもろかった♪


中が蔵だという事実を除けば、ショパンもきっと、こんな静かな場所で、燭台にろうそくを灯しながら、
いろんな思いで 曲を作っていたのだと思います。日本人の心にショパンってひっかかかるものがあるんだよね。 
私、クラシックはそれほど詳しくはないけど、「別れの曲」とかは思い出があり、泣いてしまいそうでした。あと、月並みですが、「革命」もよかったなあ。

また、行きたい場所です。

芸術と、お芋の秋ですね♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

素敵な

蔵でのライブなんて 素敵ですね
さすが福島です。

たまみさんのライブも似合うのではないでしょうか?

サリーさん

とても素敵でしたよ。蔵が有名なのは喜多方なんですけどね。私もこんなのんびりしたとこでライブしたいですね♪
カテゴリー
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる