--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-01-22

頑張れ!インコの手紙

私のつくった「インコの手紙」がとても有名な作曲家の方によってリメイクされた。
まだ、それをどのようにしてゆくのかはこれからなのだが、その丁寧な作品作り、そしてあの曲をあそこまで思って下さった事に 本当に涙が出た。

「インコの手紙」が出来てからもうすぐ10年になる。いろんな方が関わってくれて、何度もレコーディングしたし、何度もライブをした。その度に、その人それぞれの人生観でもって インコに接し、愛してくれた。本当に感謝しています。
必ず、必ずいい形で世に出してゆきます。ほんとにみなさんありがとね。

28日もインコの手紙 ライブで歌います。よかったら見に来てね。


そんな話の後だが、うちの母、ようこは、どーしても必ず1度は「ウンコの手紙」と聞き違える。
私の発音が悪いのか、彼女の耳が独特なのか…。ひょっとして、まじでお笑いブームにのろうとしているのか…。

「ウンコは手紙はかかんでしょう!」と追い打ち。
はい!ウンコは手紙を書きません。ってか、言ってません!!

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

泣いた。

mixiのインコ大好きコミュで紹介されていたFlashを観、歌を聴いたら、不覚にも泣いてしまった(つд`)*+ 自分のこと以外で泣くのなんかどれくらいぶりだろ。鳥は勿論、動物を飼ったことがある人は結構ほろりとくるんじゃ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

うける!

うける!さすがようこさん! ウンコは手紙かかんわ。 まあ、インコも手紙はかかないけどね。
でも、ほんとにいい形ででてゆけることを私も願っています。また、進展がありましたらお知らせください。

笑ってしまいました(笑)

たまみんぽうさんの歌声で「うんこの手紙」も聴いてみたいです(笑

冗談はさておき「インコの手紙」が
どのような形で世に出て来るのか
本当に楽しみにしておりますね☆

ようこ様

ようこ様は総天然色の方ですからきのこも大好きです。本人の訛りでウ●コになるのだよきっと(笑)さて『インコの手紙』の成長を楽しみにしていますね。

それはそれで

「ウンコの手紙」も それはそれで何か物語がありそうじゃない? 案外すごい社会的な話になったりして。ようこさんはいつもながらすごいね。ライブ楽しみにしてます。

ひよこさん
ありがとう。ほんと必ずいい形で世にだしますね。そう、通常インコも手紙は書きませんが、ウンコはもっとかかんのです!言ってやってください、よう子に。

MARUTSUさん
インコの手紙でもかなりシュールなのに、ウンコの手紙 はどのように歌ったらいいのか、表現者にとってはかなりの難問ですな。
いつもありがとうございます。頑張ります(インコの手紙の方)。

きのこさん
よう子は そう、天然。きのこさんは知っているものね。彼女をみると、私がいかにまともだか、わかるでしょ?  とにかくインコ頑張ります。

ゆうさん
そうね…。ひじょうにシュールな社会的な話になる可能性はあるわね。「子犬のうんち」という、うんち、しかも子犬のうんちに生まれたために、それはそれは存在感のない、せつない思いをするんだけど、最後に肥やしになって、綺麗な花?を咲かせるという絵本があったわ。ほんとに書いてみようかしら。ロード第2章みたいに。
いつもありがとう。

ライブ頑張ってください♪

いや、オイシイですね、お母様w

うちのお袋も松尾芭蕉の銅像見て「二宮金次郎」って言い切ったなぁ・・・

ライブ、ちょっと仕事の都合で見にいけませんが、頑張ってください♪

おくればせながら

世のお母ちゃんたちは かわいいねえ。憎めんのよね。しかし
松尾さんと二ノ宮さん、微妙に似てるけど、まったく違うのにねえ‥。
ま、どちらも苦労されたということで。

氷結猫さん、ごめんなさい

あやや?なんだか、前回のコメント、名前のとこにタイトル書いてしまったわ…。氷結猫さんがコメントしたみたいになっている…。しかもなんだか訂正できなくて…。氷結猫さん、ごめんなさい。 

いえいえ~

ちゃんと脳内変換してたのでOKですよ~

ライブも大成功だったみたいで何よりです♪

いい!

千の風になって くらいいい!

ピースケさんへ

ありがとうございます。 千の風 いいですねえ。光栄です。これからもよろしくお願いします。

テレビ見ました。

 いい絵本ですね。表紙もきれいです。とってもいいお話だと思いました。

ぶんぶんさん

コメントお返事遅れてごめんなさい。
ありがとうございます。福島でもプロモーションやりますので、これからもよろしくお願いします。
本はここから買えるよ
グッズ販売
プロフィール

あきばたまみ

Author:あきばたまみ
絵本作家

福島県福島市出身 11月23日生まれ 射手座 A型

「ちいさいいのち」をテーマに絵を描いています。

大学卒業後、NYに行く。帰国後、インディーズにてCDをリリース。コミュニティーラジオのパーソナリティーを務める他、都内でライブ活動展開。2001年からは本の表紙を手掛け、個展を開くなど、イラストレーターとしても活動開始。

ART WORK

出版

・雑誌「えくせれんと」内「ほのぼの劇場」 
 http://www.eh-book.net/link.htm

・絵本「インコの手紙」2007年6月21日に経済界より出版! 
 全国書店にて販売中!
・絵本「インコの手紙」2008年7月 第3版出版

・2009年2月14日 宮沢賢治著 あきばたまみ作画の 
「銀河鉄道の夜」源流社より出版!!

・2011年6月 福島県の山「花見山」を舞台にしたお話
 「きんばあちゃんの花見山」出版。 牧野出版

・2012年4月~メディクプレス社 「うちのくすり箱」表紙担当

 http://medicpress.co.jp/index.html

2013 「ひつじのたまご」青根出版 谷川かじか著 あきばたまみ絵
2014 「パロパロとドクターかぶとむし」青根出版 谷川かじか著 あきばたまみ絵
2015 「インコの手紙完全版」経済界 

他はトップ記事にて

カテゴリー
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。