2008-08-20

新聞掲載 と、次回への課題

20080820011710
昨日(18日)の福島民報新聞に私の記事を大きく掲載していただきました。
しかも2か所も!!
ありがとうございます。
スキャナーが調子悪くて、せっかくパソコン君がバージョンアップして帰ってきてくれたのに、大きく写真がのせられないのが残念ですが、雰囲気だけ。

さて、前回のブログでご紹介した、私のカラーセッションをお手伝いいただいた、長年、教壇に立っておられた砂子田先生ですが、帰りの車の中で、とても素敵なことを教えてくれました。
それは、カラーセッションに参加した一人の男の子のことでした。

カラーセッションは、マレーシアでやってきたと同じ、サイの絵をみんなで描きました。
その男の子は、はじめ、青や、赤や、いろんな色をごちゃごちゃに混ぜて、どう見ても
汚い色になっていたんだそうです。
このとき先生は、この子は なんだか心に悩みを抱えているのかなと思ったそうです。
で、何もいわずにじっと、その後の様子を見ていた。
そしたら、一瞬だけ、そのゴチャゴチャな色が、深みを持った感じになった時があった
のだそうです。
そのときに先生は
「あらーっ、深くなったわねー、素敵ね」とほめました。
すると、その男の子の顔が、みるみるうちに、ぱあっと明るくなったんだそうです。

先生は言っておられました。
褒めることは大切だと。 でも、うそんこで褒めてはいけないって。
本当にそう思ったときに、いっぱい褒めてあげる。そうすると、
自分が認められた、受け入れられたと思って、それが自信になってゆくんだそうです。

確かにそう、みんな褒められたい、認められたいと思っているはず。
何くそーっていうパワーも時には必要だけど(私はこっちが多い気が…)、
結局行き着くところ、認められたい、受け入れてもらいたいと思うからがんばるんだと思う。
この男の子が、普段どんな生活をして、どんな気持ちでいるのかはわからないけど、
砂子田先生の一言で、絶対に何かがかわったと思う。

さすがです! 

私はセッションを進行するのでせいいっぱいで、そこまで細かい子どもの表情まで
みえなかった…。砂子田先生を見習って、次回の課題にしないとです。

あと、あきばたまみともあろう人が、となりでやってた「わんにゃんフェスタ」に
ゆけなかった…。これも次回の課題です…。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリー
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる