2008-07-01

Power of Dreams

ハイビスカス



もう7月になり、帰国してから随分たってしまいましたが、
今回、ホンダマレーシアの 「スマトラサイ救済プロジェクト」
に参加させていただき、「ホンダドリームファンド」のことなども知り、
「正しいお金の使い方」というのを学んだ気がします。
こういうと固いけど、広く言うなら、「生きることの力」を学びました。


滞在中、アロー通りという屋台が並ぶ通りで、一人で夕御飯を食べていた時、
入れ代わり立ち代わり、いろんな人が物乞いにやってきました。
その中で 10才にもみたない女の子の姉妹が私にティッシュを買ってくれと言って
きました。聞けば、2RM(60円)だといいます。

60円。

私が飲んでいたコーラも60円でした。彼女たちは、その60円を得るために必死で
頑張っていました。でも、中には 後ろに業者がいて、こどもたちへの情で得たお金
を持っていってしまうということもあるということを聞き、初めはことわりました。
だけど、彼女たちは、いいました。

「お願い!お願い!」

裸足で、ボロボロの服を着て。

同情するということは、彼女たちを見下していることになるとはわかりつつ、
なんだかせつなくなって、私は2RMと共に、持ってた色鉛筆を彼女たちにあげました。
彼女たちはすごくびっくりしたような顔で
「すごく前からほしかった」
と言ってニコニコして店をでて行きました。

もしかしたら、その色鉛筆を生活のために売ってしまうかもしれないし、
正しかったのかはわからないけど、
彼女たちが、何か、一つでもいいから、その色鉛筆から希望を持ってくれたらいいなと
その時は本気で思いました。

マザーテレサも言っていました。
貧しい人にお金やパンだけを与えても、
使ってしまったり、食べてしまえば明日にはなくなる。
だけど、共に「希望」を与えれば 人間はどこまでも生きてゆけると。

私も思いました。
人間は 「希望」と「感謝」と「愛」があれば生きてゆけるなあと。

ドリームファンドのこどもたちが
「勉強すれば貧困からぬけだせる」というのは、言い換えれば

「希望や夢を持って行動すれば、人は貧困から抜けだせる」

ということです。

スマトラサイが絶滅しそうな原因も、もとを正せば、現地の貧困からはじまりました。

ホンダマレーシアのように、得た恩恵を 少しのお金と、大きな希望として
還元できる企業が増えれば、この世界から貧困が消え、動物と人間が共存できる
世界が、もしかしたら本当にできあがるかもしれません。

私は、これからも そんな素晴らしい理念のある企業のお手伝いができればいいなあ
と思うし、私自身が そういったアーティストに近付いてゆきたいなと思います。

「Power of Dreams」


私自身が持ち続けたい力です。

さて、地味~な作業ですが、これからも頑張るべぇ。





コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

なるほど

私もタイに行った時に こどもが 寄ってきて困りました。何にもやらなかったけど…。
でも ほんとに、人間は お金より何より 希望があれば、 困難を抜け出す 力があると思います。
たまみさんは、大袈裟ですが 私の希望。応援してますよー。

ひよこさん

ありがとうございます。これからもおたがいに希望を持って頑張ってゆきましょう。
カテゴリー
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる