2016-08-10

7月26日 HAPPYBOX762 ピカチュウ

13781904_1060968420651034_6644779860273530729_n.jpg

福島コミュニティー放送
エフエムポコ (FM762)
HAPPY BOX762 火曜日担当は私。
朝10時から放送。

放送圏外の方でも、ホームページからきけます。

http://www.fm-poco.co.jp/

(音をきくときは、右上のサイマルラジオのプレイボタンをおしてね。画像は、三角ボタンだよ)

今日の生き物は、週末から大流行の、

「ピカチュウ」と、「ピカチュウウミウシ」

初の企業キャラ。って、生き物かっ!

そして、ウミウシ〜!
似てるからって、名前にしちゃっていいの〜?

お楽しみに!


★★★

ピカチュウ

ピカチュウとは、任天堂ゲーム『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)である。 ポケモンを代表するポケモン。「ねずみポケモン」の分類の通り、齧歯類をモチーフとしたポケモン。ピカチュウはハムスターのイメージ。

ポケモン図鑑に記録されている標準的な体長は0.4m、体重は6.0kgである

全体的に黄色い体をしているのが特徴。
頬には赤斑点に見える「でんきぶくろ」と呼ばれる、電気を生成するための器官が備わっているここから溜め込んだ電気の放電を行っている。
本気で放電をすると雷に匹敵するほどの電撃を撃ち出せる。
また、電気袋からチリチリと電気を出しているときは、警戒をしている証拠。
公式のイラストなどでは電気袋の大きさは瞳より若干大きめで描かれてる場合が多い。

戦う時は体当たりをしたり、尻尾を叩きつけたりする他、この「でんきぶくろ」で作られた電気を放出して相手にぶつける「10まんボルト」や「かみなり」で相手を攻撃する。尻尾を掴まれることを嫌い、無闇に引っ張る者には噛み付くこともあるという。硬い木の実でも、電撃で焼いて柔らかくしてから食べるという知恵も持っている。また、電気ねずみと呼ばれると機嫌を損ねることも。また、何匹か集団でいるとそこに猛烈な電気がたまり、稲妻が落ちることもあるらしい
小さくて見づらいが指は5本あり、足の指は3本付いている。
背中には横に2本の茶色の縞模様が横に入っており、尻尾は電気マークをイメージさせるギザギザな形をしている。
また、尻尾の根元から尾っぽの中心付近にかけて茶から黄色に毛並みが変色しており、耳の先端は黒くなっている。

尻尾を立ててあたりの様子を探っている。その際にうっかり尻尾を掴むと反撃される。初めて見た物には電気を当てる。硬い木の実を電気で焼いて軟らかくする知恵を持っているが、黒焦げの木の実が転がっていたらそれはピカチュウが電気の強さの調整を間違えた証拠。
森で仲間と暮らす。

また、オスとメスでは外見が若干変わっており、メスの場合は尻尾の先が二股に分かれておりハートマークのような形になっている。

ピカチュウウミウシ
ポケットモンスター(以下、ポケモン)に登場するキャクター「ピカチュウ」がウミウシの一種である「ウデフリツノザヤウミウシ(学名:Thecacera pacifica)」に似ているとしてネット上で話題になってます。
なぜ今頃話題になっているかは不明ですが、ネット上では、「見事にピカチュウ」、「これ飼いたい」「まさにピカチュウ」など驚きの声が次々に上がっているのです。実際に記者も見てみましたが、このウミウシ、黄色の体色で先端も黒くまさにピカチュウそのもの!
またソックリ度100%からこのウミウシ、なんと「ピカチュウウミウシ」とも呼ばれ、多くのポケモンファンにも愛されているのだそうです。
日本では、伊豆大島、小笠原、奄美大島、種子島、竹富島、屋久島などなど多くの地域で観察できるというので、もしチャンスがあれば、この「ピカチュウウミウシ」、この夏見に行ってみてはどうでしょう。ぜひとも、ピカチュウと並べて比較してみて!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

本はここから買えるよ
グッズ販売
プロフィール

あきばたまみ

Author:あきばたまみ
絵本作家

福島県福島市出身 11月23日生まれ 射手座 A型

「ちいさいいのち」をテーマに絵を描いています。

大学卒業後、NYに行く。帰国後、インディーズにてCDをリリース。コミュニティーラジオのパーソナリティーを務める他、都内でライブ活動展開。2001年からは本の表紙を手掛け、個展を開くなど、イラストレーターとしても活動開始。

ART WORK

出版

・雑誌「えくせれんと」内「ほのぼの劇場」 
 http://www.eh-book.net/link.htm

・絵本「インコの手紙」2007年6月21日に経済界より出版! 
 全国書店にて販売中!
・絵本「インコの手紙」2008年7月 第3版出版

・2009年2月14日 宮沢賢治著 あきばたまみ作画の 
「銀河鉄道の夜」源流社より出版!!

・2011年6月 福島県の山「花見山」を舞台にしたお話
 「きんばあちゃんの花見山」出版。 牧野出版

・2012年4月~メディクプレス社 「うちのくすり箱」表紙担当

 http://medicpress.co.jp/index.html

2013 「ひつじのたまご」青根出版 谷川かじか著 あきばたまみ絵
2014 「パロパロとドクターかぶとむし」青根出版 谷川かじか著 あきばたまみ絵
2015 「インコの手紙完全版」経済界 

他はトップ記事にて

カテゴリー
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる