--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016-05-16

5月10日 Happybox762 ラッコ

13178672_1013577642056779_3182302233833080736_n.jpg


福島コミュニティー放送
エフエムポコ
HAPPY BOX762 火曜日担当は私。
朝10時から生放送。

http://www.fm-poco.co.jp/

(音をきくときは、右上のサイマルラジオのプレイボタンをおしてね。画像は、三角ボタンだよ)

今回の生き物は「ラッコ」。

なぜ、ラッコは、いないいないばあをするのか!それには驚きの秘密があった。

また、ラッコは、かなり石にこだわりがあった! そして、使った石は実はここに隠していた( ̄▽ ̄)。

あー、なんて可愛いんだろう🎵

お楽しみに!

★★★★
放送内容
■ラッコの石には、こだわりがある

ご存知の通り、ラッコの食事タイムには、「石」という道具が欠かせません。というのも、好物の貝を食べるためには、石で硬い貝の殻を叩き割らなくてはいけないからです。そしてこの石は、食事のたびに貝と一緒に適当に調達しているわけではありません。

実は、ラッコたちはそれぞれ、自分が持っている石に、並々ならぬこだわりを持っています。というのも、一度気に入った1つの石を、長い間ずっと使い続ける習性があるからです。時には、お気に入りの石を仲間のラッコに自慢することもあると言います。

■使い終わったら、きちんとしまっている

ラッコはみんな、貝を割るための自分専用の石を持っています。そのこだわりはさながら、料理人の「マイ包丁」のようですね。そして、ラッコも料理人と同じように、調理?に使う大事な石は、使い終わったら必ずきちんとしまっています。

そして次に貝を割るときに、再び取り出して使い始めるのです。ちなみに、お気に入りの石をなくしたラッコは、食事もとらなくなるほど落ち込んでしまうのだとか。「包丁はコックの命」と言われるように、ラッコにとって石はそれだけ大切な存在なんでしょうね。

■ラッコの体には「ポケット」がある

石をしまうと言っても、基本的に海の上で生活するラッコですから、「一体どこに……?」と不思議に思った人もいるでしょう。その答えはズバリ、体にある「ポケット」です。実は、ラッコの脇の下には皮膚のたるんだところがあり、それをポケットとして使っています。

このポケットはかなり便利で、持ちきれなくなったり食べきれなくなったりした貝や、ガラクタなどの遊び道具を入れておくことも。ちなみに、ラッコによっては陸地に石を置きに行くこともありますが、その場合も、置き場所はきちんと決まっているそうです。

■ラッコの毛の秘密


なぜいつも手で体中をこすっているのか?

かゆいのかな~?

よくラッコ水槽の前でお客さんが話しをしています。

みなさんはこの理由ご存知ですか?

ラッコの話なのですが・・・・・

みなさんアザラシは知っていますか?

寒い海域に棲んでいるアザラシは真ん丸で体に脂肪を貯えて寒さを耐えています。

ラッコは??

真ん丸に太ったラッコって見たことないですよね?

餌を控えめに食べているのでしょうか???
いやいや!ラッコはとってもたくさん餌を食べます。体重の20~30%とも言われています。

でも太らないんですね~!

うらやましいと思う人も多いのでは?

だが困ったことに・・・食べても太らない=脂肪を貯えることができない!

僕の頭によぎったブヨブヨの脂肪たっぷりのラッコでは

機敏な動きで餌獲れないかもしれないなぁ~w

アザラシが脂肪で寒さに耐えるのに対し、ラッコは毛と空気で耐えているのです!

それでは毛の秘密について。。。

寒くなってきたのでダウンジャケットが活躍する季節ですよね!

ダウンジャケットは羽で空気の層を作り外の気温の影響を受けにくくしています。

それをラッコは2種類の自分の毛で空気の層をつくっているのです。

ただ毛があるだけではダメなんですよね~

毛が汚れていたりすると水をはじくことができず、どんどん濡れ、

体温が下がってよわってしまいます。

ラッコの手には厚い肉球があり、その手で一生懸命に体をこすることで

毛をキレイにたもち、毛の中に空気を入れているんですね~!

たまに口を毛の中に入れ、空気を入れているところも見ることができます。

ラッコの毛は 世界一密度が高い。 つまり、世界一毛深い生き物なのでーす!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

本はここから買えるよ
グッズ販売
プロフィール

あきばたまみ

Author:あきばたまみ
絵本作家

福島県福島市出身 11月23日生まれ 射手座 A型

「ちいさいいのち」をテーマに絵を描いています。

大学卒業後、NYに行く。帰国後、インディーズにてCDをリリース。コミュニティーラジオのパーソナリティーを務める他、都内でライブ活動展開。2001年からは本の表紙を手掛け、個展を開くなど、イラストレーターとしても活動開始。

ART WORK

出版

・雑誌「えくせれんと」内「ほのぼの劇場」 
 http://www.eh-book.net/link.htm

・絵本「インコの手紙」2007年6月21日に経済界より出版! 
 全国書店にて販売中!
・絵本「インコの手紙」2008年7月 第3版出版

・2009年2月14日 宮沢賢治著 あきばたまみ作画の 
「銀河鉄道の夜」源流社より出版!!

・2011年6月 福島県の山「花見山」を舞台にしたお話
 「きんばあちゃんの花見山」出版。 牧野出版

・2012年4月~メディクプレス社 「うちのくすり箱」表紙担当

 http://medicpress.co.jp/index.html

2013 「ひつじのたまご」青根出版 谷川かじか著 あきばたまみ絵
2014 「パロパロとドクターかぶとむし」青根出版 谷川かじか著 あきばたまみ絵
2015 「インコの手紙完全版」経済界 

他はトップ記事にて

カテゴリー
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。