2015-09-30

イタリアトルコ 旅行記 まとめ  イスタンブール編


イタリアボローニャにいくには直行便がないため、一番安かったトルコ航空をつかいました。乗り換え地点がイスタンブールだったので、えーい、みてしまおうということで、帰りに二泊しました。

イスタンブールは小さいので二泊もあれば、観光は十分。私は旧市街とよばれる、ブルーモスク周辺に滞在しました。
一泊めは、ガイドブックには必ずでてくる、キベレホテル。えらい数のランプが天井からつり下がってる、エキゾチック感満載のホテルでした。
二泊めの最終日は、マルマラ海がのぞめる サルハンホテル。ホテル自体は良かったけど、いや、わかりづらい場所にあり、行くのに一苦労(^◇^;)。

通貨はリラ。1リラ52円くらい。1ユーロ142円もしたイタリアに比べたら、えらい物がやすい!気がした(^◇^;)。
ごはんもおいしい!レストランに入ると、メゼという前菜とパンが無料でついてくる。それ知らないから、普通に注文したらかなーりおなかいっぱい。
ヨーグルトのソースが意外においしかった(^o^)。

相当観光地化されてるため、どこでも英語が通じる!助かりました。
また、前にも書いたよーに、ほんとにナンパが多い。
レストランで、店で、道で、電車で、道をきいたホテルの受付まで、必ずきかれる。
「こんにちは、あなた結婚してるの?」( ̄。 ̄;)( ̄。 ̄;)。
って、 あいさつか( ̄△ ̄)!

なぜ、初対面の、しかも会って数秒のあなたに私が結婚してるかどうかいわなきゃならんのだ( ̄0 ̄)!

道では、アジア人女性とわかると、「ニーハオ、アンニョンハセヨ、こんにちは」と一通り言って、こんにちはに少しでも体を反応させると、寄ってきて、しつこくチャイをのもうと言ってくる。
ほんとにナンパの場合もあるけど、たいていは物売り。日本人女性は、誉められることに慣れてないから、ほめ殺して物を買わせる作戦らしい。

残念、あたし、お金はないぜい!
ということで、見事にナンパをかわし、楽しく、東洋と西洋が混ざる町、イスタンブールを堪能して帰国しました。
私、この国の雰囲気は好きだなあ(^o^)。

11112452_814524268628785_2432986091502522361_o[1]

1506494_803110983103447_7380918117935911468_n[1]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリー
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる