2015-09-30

トルコ旅行 4/8 アヤソフィア


イスタンブールの、ブルーモスクのそばのアヤソフィアというキリスト教とイスラム教が同居する博物館へいきました。

この場所は、初めはキリスト教の聖堂として、360年に建てられたのですが、イスラム教徒の暴動で二度も消失したり、偶像崇拝を禁じた運動により、モザイク画が剥がされたり、十字軍の侵略と略奪でひどい被害にあったりしている場所です。その後、イスラム教のモスクに改造され、今は、無宗教の博物館として一般公開されているという、数奇な運命をたどっている建物です。

剥がされた壁画が大変だった歴史を物語ります。

博物館になった今、たくさんの観光客が訪れ、写真を撮ってくれと言うと、みんな笑顔で撮ってくれます。キリスト教徒も、イスラム教徒も、仏教徒も、宗教をもたない人も一緒に見学します。

宗教を語るときりがないのだけど、基本はみんな人の生き方を説いたすばらしいもの。信じ続けるという、もっとも難しい課題を教える場所。

どこから狂ってしまったのか。

そんな時、いつだって犠牲になるのは、こどもたちや、物言えぬ動物たち、芸術作品の数々。

異宗教が混在して不思議な
空間になっていますが、混在せざるを得なかった理由を思うと、胸が痛みます。

トルコのテレビでは、何かしら、宗教間の紛争の様子が流れています。隣国イエメンでは大変なことがあった様子。

ほんとにもう、ほんとにもう、くだらない自己主張を卒業して、命あるものすべてが笑顔で生きてられる世界ができあがることを、やっぱり願ってやみません。
10426674_802447419836470_206401392569049722_n[1]

11150388_802447729836439_5544851303266709860_n[1]

19494_802447989836413_8597605050176893236_n[1]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリー
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる