--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-06-08

イタリアボローニャ旅行記8 フェア2日め

10957000_799315826816296_6200210106898942148_n[1]

10995568_799316383482907_5147104980561776435_n[1]

10914921_799316676816211_346747017334905749_o[1]

10255518_799315963482949_3304459426468230667_n[1]

19530_799315880149624_7141132848784110315_n[1]


ボローニャブックフェア二日目終了しました。

私は今日でボローニャを離れます。
二日目は、朝に、ホテルのレストランで、日本人夫婦の荒木さん、中国人で印刷会社にお勤めのチョンさんと会い、一緒にフェア会場へ。
会場は相変わらずごった返していましたが、初日より私も落ち着いていたせいか、ゆっくりまわれました。


世界各国の出版社のブースがあり、時間決めてイラストレーターの作品をみてくれる会社には、長蛇の列ができていたりしました。私は、そういった列にも並び、また、飛び込みで作品みてもらえないか聞いてまわりました。

表紙だけみて、うちとは合わないわと言われたり、
好きじゃないと一言だけ言われて終わったりした会社もありましたが、

歩いていて昨日出会った日本人の仲間に会うと、どうだったかお互いに報告しあい、励まし合い、情報を交換し、がんばろうと言って別れていく、そんなたわいもない会話がほんとに幸せでした。
また、名刺入れをおとしたとき、わざわざドイツの会社が日本人がいるブースまで届けにきてくれたり、
互いに席をゆずりあったり、

ここでは、みんなライバルですが、みんな同志でした。

結果は、アジアと、ヨーロッパの会社に、作品のPDFを送ることになりました。
何にも決まらない人が山ほどいる中、二社からお声かけいただいたのは快挙です。
どうなるかわかりませんが、海外とつながり、福島のことを少しでも、その国の人に知ってもらうのが私の夢です。
今回のボローニャへの挑戦は、大変でしたが、ほんとにきて良かった!
大収穫です!

帰り際、福音館のブースで、「ぐるんぱのようちえん」を読んで、泣きました。
ゾウのぐるんぱは、どこに行っても失敗ばかりですが、その失敗したものを使って、さいごに、こどもたちが喜ぶ幼稚園を作ります。

わたしはこの絵本を読みながら成長し、絵本作家になり、ボローニャまできました。
さんざん、ほんとにさんざん挫折ばかりでしたが(^◇^;)、そのさんざんなものたちから得た経験で、今、こどもたちに喜んでもらえる絵本をつくることができるのなら、これからも多いに失敗をし、糧にしていきたいと思います。

4月だ!

さて~、これから観光!
準備してフィレンツェへ向かいます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

本はここから買えるよ
グッズ販売
プロフィール

あきばたまみ

Author:あきばたまみ
絵本作家

福島県福島市出身 11月23日生まれ 射手座 A型

「ちいさいいのち」をテーマに絵を描いています。

大学卒業後、NYに行く。帰国後、インディーズにてCDをリリース。コミュニティーラジオのパーソナリティーを務める他、都内でライブ活動展開。2001年からは本の表紙を手掛け、個展を開くなど、イラストレーターとしても活動開始。

ART WORK

出版

・雑誌「えくせれんと」内「ほのぼの劇場」 
 http://www.eh-book.net/link.htm

・絵本「インコの手紙」2007年6月21日に経済界より出版! 
 全国書店にて販売中!
・絵本「インコの手紙」2008年7月 第3版出版

・2009年2月14日 宮沢賢治著 あきばたまみ作画の 
「銀河鉄道の夜」源流社より出版!!

・2011年6月 福島県の山「花見山」を舞台にしたお話
 「きんばあちゃんの花見山」出版。 牧野出版

・2012年4月~メディクプレス社 「うちのくすり箱」表紙担当

 http://medicpress.co.jp/index.html

2013 「ひつじのたまご」青根出版 谷川かじか著 あきばたまみ絵
2014 「パロパロとドクターかぶとむし」青根出版 谷川かじか著 あきばたまみ絵
2015 「インコの手紙完全版」経済界 

他はトップ記事にて

カテゴリー
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。