2014-11-13

台湾旅行記4

10708677_722255114522368_7353702072262263605_o[1]
最終日は、朝の豆乳汁(米粒はなかったけど、豆乳が出汁の中でフワッフワでした)をたべて、

中小記念堂にいき、とび跳びはねて、

10623658_722255004522379_4361792202647268311_o[1]

10435462_722254884522391_3246162031524355312_n[1]
中小記念堂にいき、とび跳びはねて、

1396968_722255314522348_8682302695674567472_o[1]
150155_709477969137588_4658574165997617607_n[1]

台湾最大のパワースポットで、真剣にお参りをして、


10700404_722256964522183_5426502671936896268_o[1]


またもやキティちゃんジェットで帰ってきました。



10801593_722255467855666_1323864721099784185_n[1]

今回の台湾旅でわかったこと


① コーヒーのむぐらいなら、餃子かワンタンたべておけ。

→ 空港内でも、コーヒーだけの店はなく、街なかにも、コーヒー屋は少ない。空港内のショップでは、
コーヒー80元(約320円)に対し、ワンタンスープ40元(約160円)。コーヒーよりも、ワンタンスープが癒しの飲み物なのか( ̄△ ̄)。

② スーパーがすくない。

→たまたまスーパーがない地域を歩いていたのかもしれないが、みる限り、スーパーは少なかった。
野菜や肉などの生鮮食品は、市場で主に売っていて、とくに、チンゲンサイや、空芯菜などの中国野菜はやっぱり新鮮。

③ 多分、「おうちごはん♪」などの料理本は売れないであろう。

→ 外国人向けのレストランは別として、一般のレストランがえらい安い。牛肉麺一杯300円、野菜炒め200円などなど。

であるから、家でごはん食べるより、外で食べた方が断然安上がり。
おうちで彼女の手料理を~は、かなりハードルが高いのかもしれない。

④ 酒を飲むくらいなら、小籠包をすすれ。

→ レストラン行っても、お酒の種類が少ない。大変に混雑する店では、お酒をのんでグダグダされると回転が悪くなるからかなとにかく飲み物メニューがわかりづらい。
酒よりも、小籠包の美味しさに酔ってほしいのかもしれない。

⑤ ルー大柴がたくさんいる。

→ まず、なかなか英語が通じない。たまに通じる店にくるとホッとしたりする。
日本語は通じることが多いけど、台湾人に向かって、きっちりした日本語をはなすのも何となく気がひけるのか、私含めて、ちょいちょい英語はさみながら話す、ルー大柴的な日本人が多かった。

⑥ 地下鉄はえらいきれいで、トイレもきれい。

→ びっくりするくらい、地下鉄はきれい。
トイレも、わりときれいなとこが多く、なんせ、みんなマナーがよい。エスカレーターは必ずどちらかに寄るし、激混み夜市もきちんと並んですすむ。
動物も大切にされている。

地下鉄内で飲食が見つかったら、罰金とられる。
日本の地下鉄みたいに、
吐くの?吐かないの?
の、きわどいおじさんや、
フラフラで、足があらぬ方向へむく、酔ったおもしろいおじさんはみることはなかった。

⑦ みんな親切で、こどもたちはやはりかわいい!

→ 親日国というだけではないだろう。みんな優しかった(^ー^)。イヤな思いはほとんどなかった。
こどもたちは、うりざね顔の子が多いが、これは世界共通、みんなかわいかった。

と、まだまだあるけど、この辺で。
次は出会ったびっくり動物たちに続く(●^o^●)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

本はここから買えるよ
グッズ販売
プロフィール

あきばたまみ

Author:あきばたまみ
絵本作家

福島県福島市出身 11月23日生まれ 射手座 A型

「ちいさいいのち」をテーマに絵を描いています。

大学卒業後、NYに行く。帰国後、インディーズにてCDをリリース。コミュニティーラジオのパーソナリティーを務める他、都内でライブ活動展開。2001年からは本の表紙を手掛け、個展を開くなど、イラストレーターとしても活動開始。

ART WORK

出版

・雑誌「えくせれんと」内「ほのぼの劇場」 
 http://www.eh-book.net/link.htm

・絵本「インコの手紙」2007年6月21日に経済界より出版! 
 全国書店にて販売中!
・絵本「インコの手紙」2008年7月 第3版出版

・2009年2月14日 宮沢賢治著 あきばたまみ作画の 
「銀河鉄道の夜」源流社より出版!!

・2011年6月 福島県の山「花見山」を舞台にしたお話
 「きんばあちゃんの花見山」出版。 牧野出版

・2012年4月~メディクプレス社 「うちのくすり箱」表紙担当

 http://medicpress.co.jp/index.html

2013 「ひつじのたまご」青根出版 谷川かじか著 あきばたまみ絵
2014 「パロパロとドクターかぶとむし」青根出版 谷川かじか著 あきばたまみ絵
2015 「インコの手紙完全版」経済界 

他はトップ記事にて

カテゴリー
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる