--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-05-11

GW旅行 セブ旅行6

10256858_628765197204694_1619795881252140725_n[2]

台湾、セブのおもしろかったこと。

① 写真左上が、台湾で、ドリアンの悪臭にやられたスーツケース。
  普通、こんなに根元からすっぽりとれるか?
  これ以後、ずっと、「こわれてますから気をつけて!」といわなければいけなくなるという…。

② スーツケース破壊事件で疲れて、さあ、台湾からマニラまでは寝ようと思っていたら、機内でとなりに乗ってきた、EXILE の ATSHSHIを少し痩せさせたような、フィリピン人が、写真左下(写真は本物)みたいに、首をずーーっと私の方にむけたままいました。

サングラスかけたままだから、寝てんだか起きてんだかわからず、もしかしたら、ずっとみつめられてたのかもわからず、全く落ち着きませんでした。左見たら、Lovers again あたりが聴こえてきそうな席ってどんなんだ(汗)。

③ 前述したように、マニラ~セブ間は、セブパシフィック航空を利用したのですが、かつてないほどの、どっかーんというハードランディング。 

しかも、おもろいのは、冷房を使わなくてもいいようにか、座席の上部から、常にミストが噴き出していて、それが離陸、着陸の時は、いつ小林幸子がでてきてもおかしくないくらいの異常な量が噴き出ます。

それから、フライト時間1時間に対して、待ち時間は1時間半でした(汗)。

④ セブ市内、マニラもでしたが、とにかく、一台の車に尋常ではない数の人が乗っています(左下)。
セブ市内から空港にもどる時に乗ったタクシーのドライバーのおじちゃんの 男らしい臭いがとてもきつくて、友人と二人して、私のアロマクリームを鼻下に塗ってがまんしました。

たまらず 窓をあけると、
「Close the window」 と言ってしめられちゃうし。

何かのおまじないだったのだろーか??

⑤ セブからマニラへ帰ってきたときに、空港でトイレに。 フィリピンでは、便器のふたがついてないことが多く、直接は座れないのだが、その代り、トイレに敷く紙のようなものが

常備されていました。 

しかし、

「一緒に流さないでください」 というのと一緒に

「これを顔などのパックに使用しないでください」 の 使用説明が(汗)。

いくら機内が乾燥しているからといって、この紙をパックにする人って…。

⑥ 人生初、クラゲに刺されて、未だにクネクネしています。

またおもろいこと 思いだしたら載せます♪

本はここから買えるよ
グッズ販売
プロフィール

あきばたまみ

Author:あきばたまみ
絵本作家

福島県福島市出身 11月23日生まれ 射手座 A型

「ちいさいいのち」をテーマに絵を描いています。

大学卒業後、NYに行く。帰国後、インディーズにてCDをリリース。コミュニティーラジオのパーソナリティーを務める他、都内でライブ活動展開。2001年からは本の表紙を手掛け、個展を開くなど、イラストレーターとしても活動開始。

ART WORK

出版

・雑誌「えくせれんと」内「ほのぼの劇場」 
 http://www.eh-book.net/link.htm

・絵本「インコの手紙」2007年6月21日に経済界より出版! 
 全国書店にて販売中!
・絵本「インコの手紙」2008年7月 第3版出版

・2009年2月14日 宮沢賢治著 あきばたまみ作画の 
「銀河鉄道の夜」源流社より出版!!

・2011年6月 福島県の山「花見山」を舞台にしたお話
 「きんばあちゃんの花見山」出版。 牧野出版

・2012年4月~メディクプレス社 「うちのくすり箱」表紙担当

 http://medicpress.co.jp/index.html

2013 「ひつじのたまご」青根出版 谷川かじか著 あきばたまみ絵
2014 「パロパロとドクターかぶとむし」青根出版 谷川かじか著 あきばたまみ絵
2015 「インコの手紙完全版」経済界 

他はトップ記事にて

カテゴリー
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。