2014-03-22

個展を終えて

個展最終日の今日、南相馬からきた男性に会った。
新聞を見て、わざわざ私の個展のために、南相馬から見に来たという。
「津波で会社と母ちゃんが流れっちまって、大変だったんだけど、みんなが助けてくれてよー。お礼に手紙書いてみたんだけど、なんだか封筒が暗くっては、余計に心配かけるから、封筒に桜の絵描いてみたの。
そしたらそれが大好評でよ。
それがら、ボランティアで、 絵手紙教えるようにまでなったの。今は、なんだか、人生楽しくって仕方ない」

といって、笑った。

その笑顔の奥でどれだけ泣いてきたのだろう。

すごいなあと思った。

事実は一つでも捉え方は2つ。ネガティブにとらえるか、ポジティブに捉えるか。
いつまでもネガティブに引きづられていても現実は変わらない。ならば、おじさんみたいに、アホがつくくらいポジティブでいたいな。

神様は絶対みてくれている。そんなことを感じたいちにちでした。
私の絵を飾ることで、いろんな人の人生をみることができる。


やっぱりやってよかった。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリー
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる