FC2ブログ
2016-02-01

1月31日 牛のたまみ②


734995_949295605151650_575871611858157479_n.jpg
「被ばく牛たまみ」に出会う旅 ②

①の続きです。

池田牧場は原発から20キロ圏内にある酪農家です。この周辺では、原発事故後、5000頭にものぼる牛や豚が国の指示で殺処分されました。
その指示を拒み、避難地域で牛を飼い続けているのが、池田牧場です。
理由は、家族同然で飼ってきた牛を、何も悪いことをしていないのに殺されたくないから。

しごく当たり前の理由です。

今は、岩手大学の研究チームが進めてきた、低線量被ばくの研究に参加しています。
牛のような大型動物の研究は、チェルノブイリではされておらず、世界初。
牛への影響がわかれば、人間にも応用できるからです。

50頭いるうちの中に、たまみ という若い雌の牛がいます。たまみは、いつも
群れの外で、ひとりぼっちでいることが多い子。でも、人が近付くと、遊んでくれと、じゃれてきます。たまみには仲良しの牛がいましたが、牛白血病が発覚。ほかの牛に感染することをおそれて、泣く泣く殺処分されました。そのストレスからなのか、放射性物質の影響なのか、たまみには、目のまわりを中心に白斑があります。

でも、元気でした。私が近付くと、はじめは警戒していたものの、私がスケッチブックをだして、たまみのスケッチをはじめると、まるでモデルのように、じーーっと動かなくなり、描き終ると、評価するかのように、近寄ってきてくれました。

なんというか、すごく濃い時間でした。

国は、殺処分を拒んだ農家に対し、牛を繁殖させないことと、区域の外にださないように制限しました。池田さん夫妻は毎日、エサをやりに、通行許可書を持って牧場へきます。
エサは 多い月で60万ほどかかるのですが、行政からの援助はなく、今は、池田さんの自腹になっています。 理由は 生きていてはいけないと指示した生き物への援助はできないから。


命はだれのものなのでしょうか?


池田さんのお話の中で印象的だったのは、行政に頼らない ではなく、「行政になるべく知られないように生かしていく」という発言でした。
私たちは、短い時間でしたが、どうしたら、継続的なエサの保持をできるかを話しあいました。

みなさんがそれぞれの立場で覚悟をもって牛に接しているように、

私も絵本作家として覚悟をもって たまみの物語を作ることにしました。


是非この事実をみなさんに知ってもらいたいし、これを いのちについて考える機会にしてほしいと思っています。

12642710_949302648484279_5406194525686915692_n.jpg

12662596_949302661817611_6354620309565332125_n.jpg
すこしずつ近づき

12509642_949302678484276_4100122866420872949_n.jpg
こんにちは、たまみ。

1911_949302701817607_5131059679200773494_n.jpg
デッサンをしました。たまみはじっとしてうごきません。まるで、描いてと言ってるよう。

たまみは群れから離れていつも一人ぼっちでいます。
1169_949312188483325_9145242191955752180_n.jpg

12670276_949302715150939_5939137746681190290_n.jpg

12647484_949302741817603_4806976326671404000_n.jpg

12645124_949295641818313_7252054862511855498_n.jpg


12661969_949302748484269_5698755230988530676_n.jpg

たまみのいた牧場ではないけれど、帰り際にみた、景色。太陽に向かって、鼻輪をつけた牛が泣いてるみたいでした。
スポンサーサイト



2016-02-01

1月31日 牛のたまみ ①

12642891_949295675151643_5453736366594964548_n.jpg


「被ばく牛 たまみ 」に出会う旅①

投稿を二つに分けました。

1月31日。 日付変わって昨日、 大熊町にある池田牧場に 福島中央テレビの岳野ディレクターといってきました。

目的は、 そこで飼育されている、牛の「たまみ」ちゃんに会うため。

きっかけは、おととしに、福島中央テレビで放送されたドキュメント「被ばく牛たまみ」をみて、とても他人事には思えなかったから。種は違えど、同じ福島にいきる同姓同名の子にどうしても会いたくて。

以来、ずっと担当を探していたのですが、なかなか見つからず、昨年秋に、拡大版のドキュメントが放映され、さらに思いは募っていました。しかし、年末にまったく牛とは関係ない、中央テレビの放送を取材していた岳野さんをみて、直感で、この方ならつないでくれるかもしれないと思い、放送終了後、すぐにフェイスブックで、失礼ながらも検索。

お友達申請させていただき、よかったら、牛のたまみ の担当の方をお知らせくださいといったところ、快い承認とともに、なんと、岳野さんが、「被ばく牛たまみ」をつくったというのです。
これには私もびっくりしましたが、同時に、これは わたしがやらなくてはいけないことなんだなと確信。 

本日、岩手大学の低線量被ばくの研究チームに許可をいただき、
念願叶って、
あんべさんとともに 池田牧場に同行させていただきました。

②へ。
牧場の現状です。



2016-02-01

1月31日 聖教新聞 

12662663_949056205175590_3785643781280212481_n.jpg

1月31日の、聖教新聞全国版一面に、インコの手紙完全版の広告がのりました!
経済界のみなさま、ありがとうござぃす!

2016-02-01

1月30日 KFBふくしま放送

8176_948527591895118_790097852434941394_n.jpg

KFB福島放送の取材でした。

わたしの活動のようすが、放映されます。
パステル画レッスンの様子、わたしの作品制作の様子に、なんと、福来ちゃんと、もにょ、ふぅコンビも撮影していただきました!
先日行なった、須賀川設楽農園でのネギ掘りイベントの様子もまじえて、

2月4日18時25分から40分の間に福島県全域に放映されます。
また時間が決定しましたら、お知らせします。

写真は取材終わりのカメラマン。
何時間もいらしたのに、これしかとれずでした(; ̄ェ ̄)。

うちのペットたちも、テレビデビューです( ̄▽ ̄)。

12661775_948546788559865_4361812810311685101_n.jpg

デビューする ふぅ と もにょ。

12565444_948547151893162_2587286091018064462_n.jpg

デブ…ではなく、デビューする 福来のオフショット。
2016-02-01

1月29日 丸い幸せ

12573790_947630755318135_5591400991864383900_n.jpg

いただいたビーツ。
丸がいっぱいで、なんだか幸せになれそう(*^_^*)。

昼間切ってマリネにしたじょ。
この時間だけど、
すこおしだけ( ̄▽ ̄)。
さて、食べ過ぎないよう。

2016-02-01

1月28日 大阪でも

12549008_776288692505689_4508693667347477931_n.jpg

旭屋書店なんばCITY店

関西圏でも 黄色いインコは頑張っておる。
2016-02-01

FMPOCO おさるさんトーク

http://youtu.be/sRDfqhbXeEQ

1月19日にFMポコで放送した、
お猿がゲストの私の番組 HAPPY BOX762
が、聴けるようになりました( ̄▽ ̄)。
お猿さんの爆笑トーク、是非きいてくだい。
2016-02-01

1月26日  いちおし会

12647400_946492222098655_7814944223128693896_n.jpg

なんとか起き上がれたので、福島の書店さんと出版社が一同に集まる「いちおし会」に参加しました。
いまは全国的に有名な和合さんと、同じ壇上に立ってご挨拶させていただき、福島の作家として、一層気がひきしまる思いでした。

書店さんが頑張って売ってくださったおかげで、また発売できた インコの手紙完全版。みなさまにご挨拶できて、今日はよかったです。ありがとうございます。またがんばろー。
カテゴリー
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる