2014-03-26

お墓参り

1972271_607476766000204_1635260387_n[1]

先日、母よーことお墓参り。
通常なら笑ってしまう体躯だが、今日は笑えない。
腰が悪くてしゃがめないのに、少しでも父の近くでと思って、この拝み方。

いやあ、私はまだ何も両親に返せてないなあ。

小鳥の森、きれいな青空がみえました。
2014-03-26

恍惚の表情

1557535_608086185939262_137590_n[1]

街カフェボンマルシェ におじゃまして、素敵な作家、田口さんに ふぅ と もにょ の似顔絵を描いていただきました(●^o^●)

か、かわいい(>o<)!

って、

か、かじらないで~(>o<)
2014-03-26

笑顔プロジェクト

1457675_607042446043636_1715678628_n[1]


ふくしまっ子 10万人の笑顔プロジェクト。

紙皿に描いた、ふくしま県のこどもたちの作品 10万枚、
仕分けお手伝いちう。

こりゃ、大変だ~。でも楽しい!
2014-03-22

キラキラ

この仕事をしていると、そのものが持つ元々の色や、身近にいる人が元々もつ色がみえるときがあります。

オカルトではないです。

感覚だし、経験から感じるものでもあるんですが。 

多分、イメージの色ってあると思います。 それに近いかな。



私には、純粋に尊敬する人がいます。 男性ではありますが、 私の今のパステル画のワークショップの形を一緒に
つくってくれた人であり、全てにおいて、私の礎になった人です。
そんで、その人は、ビックリするくらいすごくきれいな透明な色を持っているんです。

多分そこにすごく憧れているんだろうけど、
残念なことに、人のエネルギーに影響されやすいんです。

きれいな心の人、志が高い人と一緒にいると、キラキラになるんだけど、
逆に、あまり心が健康ではない人、あざとい人と一緒にいると、とたんにくすむ。
そういう時は、びっくりするほど 攻撃的になったり。

私もその傾向があるんですが、

うーん、 毎日祈っております。  どうか、大切な人が、いつもキラキラでいれますように。

変なエネルギーをうけないように。

ちょいと変な記事になってしまいましたが。




2014-03-22

個展を終えて

個展最終日の今日、南相馬からきた男性に会った。
新聞を見て、わざわざ私の個展のために、南相馬から見に来たという。
「津波で会社と母ちゃんが流れっちまって、大変だったんだけど、みんなが助けてくれてよー。お礼に手紙書いてみたんだけど、なんだか封筒が暗くっては、余計に心配かけるから、封筒に桜の絵描いてみたの。
そしたらそれが大好評でよ。
それがら、ボランティアで、 絵手紙教えるようにまでなったの。今は、なんだか、人生楽しくって仕方ない」

といって、笑った。

その笑顔の奥でどれだけ泣いてきたのだろう。

すごいなあと思った。

事実は一つでも捉え方は2つ。ネガティブにとらえるか、ポジティブに捉えるか。
いつまでもネガティブに引きづられていても現実は変わらない。ならば、おじさんみたいに、アホがつくくらいポジティブでいたいな。

神様は絶対みてくれている。そんなことを感じたいちにちでした。
私の絵を飾ることで、いろんな人の人生をみることができる。


やっぱりやってよかった。


2014-03-22

個展終了

個展、無事終了。今回もたくさんの子がお嫁にいきました。


少し紹介。

578581_603224859758728_435710636_n[1]

白い馬からのおくりもの。


ぼくの頭には昔 一本の角が生えていました。夢の国に住んでいました。

でも、今、僕は現実のせかいに生きています。 角はもうなくなってしまったけど、

この現実の中で、あなたのことを近くでみていきたいとおもいます。



1013847_603207316427149_1498414487_n[1]

虹色のくじらが飛ぶまち

1920429_603225559758658_108723998_n[1]

不死鳥

ぜったい死にません。


1798212_603224973092050_903662686_n[1]

あおの世界


1186715_603225669758647_1871679193_n[1]

ペンギン。


1920216_605135432901004_1700264238_n[2]

そして、
福島民報に、日曜日に行った、花見山イラストコンテストの授賞式の様子が掲載されました。
授賞者1人1人の名前も載せていただき、福島民報さんに感謝。
もちろん、個展で絵を売るのも大事。だけど、
この機会を通じて、こどもたちが笑顔になって、自信がつくことはもっと大事。
これがあたしのやりたいことなんだ。


1920493_605135512900996_1134991179_n[1]
2014-03-14

はなせぼん、はるせんぼん  はじまり

1234784_602723343142213_1792381416_n[1]

13日から 18日まで、中合福島7階で、はじまりました!!

みなさん、きてねーーー。

1975056_471113836321648_8856007_n[1]
2014-03-14

3月11日

1660320_596638103759049_1936985744_n[1]

先日、東京へいってきて、 スマイルとうほくプロジェクトhttp://smile-tohoku.jp/ が、3月11日に 渋谷で配るクッキーの制作お手伝いをしてきました。プロジェクトでは、当日は、被災地の今を伝える号外を渋谷で配りました。
残念ながら私は当日は参加できなかったのですが、わたしのかわりに、会津の友人 みきちゃんと、クッキーを作った ナスちゃんが、私の魂と共に、配布をお手伝いしてくれました。

忘れるはずもないけど、福島県民であるわたしたちが、発信していく意味を本当に考えさせられました。

あー、ほんとに参加したかった!!

んで、私は何をしてたかというと、もちろん、個展の準備    の はずが、 なんだか、心がざわつきすぎて、

何もかけやしない(汗)。

ひたすらお祈りする日になってしましました。

しかし、 福島民報新聞では、3月11日に、私の記事を掲載いてくれた!!

1234029_602007936547087_1014193941_n[1]

これも意味のあること。


私の使命をもって、それぞれの場所で がんばろうではないか!!
そんな話を、友人や、スマイルとうほくのスタッフとできました。


まだ3年。 これからです!!  
2014-03-14

イラストコンテスト審査

1921966_601605279920686_1440817103_n[1]

13日から18日まで、中合福島での私の個展「はなせんぼん、はるせんぼん」内での、「わたしのまちの花見山」イラストコンテスト、昨日締め切りまして、約30点の応募から、厳正な審査がはじまりました。

花見山賞を決めるべく、絵を持って花見山へ。
園主かずおさんに審査してもらいました。
みんなすごい作品ばかりで審査難しい!


10011454_601605313254016_741707417_n[2]

花見山は、春を待っていました。
2014-03-06

個展「はなせんぼん はるせんぼん」

1779235_598387186909162_953104411_n[1]

あきばたまみ個展2014 「はなせんぼん はるせんぼん」


日にち  3/13 ~ 3/18 
場所  中合福島一番館7F版画サロン 
時間  10:00 ~ 19:30(最終日のみ16:00終了)


私は 基本的に 午後は在廊しますので、みなさん、遊びにきてねーーー。


1964998_596088803805667_484942707_n[1]

イラストコンテスト「私のまちの花見山」の締切 せまる~! 
どんどん届いてます! 

● 応募作品は、会期中は、会場脇に展示
● 優秀作品上位5人は、17日日曜日17:00~表彰式をします。
● さらに優秀作品は、4月に花見山に展示。

待ってまーす!!


2014-03-06

中合個展は13日から    作品の紹介

1525461_598386003575947_1694127065_n[1]

13日からの中合福島での個展
「はなせんぼん はるせんぼん」の作品シリーズ

「太陽のくじゃく」。

写真じゃ、なかなか色が伝わらないけど…。

威嚇ではなく、こんな太陽みたいな羽根を広げられたらいいな。


1779069_599309903483557_428592525_n[1]

「白い馬からのおくりもの」。

今年は馬年。馬さんの絵本もつくらせていただくし、縁があるなあ。
2014-03-06

天使からの手紙

1229898_598895463525001_652713423_n[1]

のあちゃんという天使からお手紙もらいました!

おし、おばちゃん、本物インコにも負けず、がんばるでー。
2014-03-06

保護色?

1979547_598434780237736_45931816_n[1]

これーーーーーいい!

絵に乗るなヽ(`Д´#)ノ!!
2014-03-02

あきばたまみ個展2014 「はなせんぼん はるせんぼん」

1660533_595749423839605_1966823456_n[1]

告知です。

あきばたまみ個展2014@中合福島  

「はなせんぼん、はるせんぼん」

日時 2014年3月13日~18日(10:00 ~19:30 最終日は16時まで)

場所 中合デパート7階版画サロン

福島市栄町5-1一番館7階  電話 024-521-5151
 


みなさん、遊びにきてね。


1964998_596088803805667_484942707_n[1]

また、

福島の新聞折り込みの 2/26 中合デパートのチラシに「わたしのまちの花見山」というタイトルで、こどもたちからイラストを募集の記事のりました。

応募作品は、個展会期中に、会場脇に展示され、さらに優秀作品は、4月に花見山に展示されます。みなさん、こぞってご応募ください。
2014-03-02

父の命日

1972392_597472703667277_89037761_n[1]

2月28日は、父の命日でした。
この日がくるたびに、父が病床で私に最後に言った言葉を思い出します。

「たまみさん、そろそろ頑張ってください」

(;´Д`)(;´Д`)

これが最後かよ! って心でつぶやきました。

あれからそろそろ頑張ってきたかはわかりませんが、
父もみてますので、またぼちぼちがんばります。
2014-03-02

ひつじのたまご イラストー

1779860_211049325769712_1842513161_n[1]

友人が先生をつとめる小学校で、私が作画を担当させていただいた「ひつじのたまご」の絵をこどもたちがかいてくれました!

1932408_211049812436330_1958565142_n[1]

1743604_211050119102966_243580792_n[1]
2014-03-02

水原小学校パステル画教室

1794816_592547144159833_104415335_n[2]

福島市立水原小学校で、パステル画教室をしてきました。
今回は、福島市にあり、わたしの絵本の舞台にもなっている 花見山 をイメージして、パステルで描いてもらいました。
一時間という短い時間で、どこまで完成するか、若干不安だったのですが、やってみたら全くもって心配無用!子どもたち、すばらしい!

ありがとうございました。

1911673_592547607493120_1695145503_n[1]

1911625_592547444159803_1286156082_n[1]

1656193_592547380826476_1201263425_n[1]

1959569_592547787493102_1609215168_n[1]
あっ、机と椅子に、使わなくなったテニスボールが刺してあり、床の傷止めに。画期的~(^O^)
2014-03-02

南相馬へ

1796657_593583630722851_1228005412_n[1]

581321_593583547389526_872545630_n[1]

1911753_593583844056163_2021988402_n[1]

今夏出版する絵本の主人公は お馬ちゃん。
南相馬に住んでいました。
先日、作家の谷川かじか先生と、南相馬に取材にいきました。

南相馬の海岸付近にもいってきました。

写真は、なんにもないようで、たくさんの何かがある南相馬の海岸と夕日。

海に、流されてしまった命への浄化と、彼らを愛していた人たちの心を守ってくれるようお祈りしました。

お馬ちゃん、作品にするで、待っててな~。
2014-03-02

鳥との生活

1798640_591512097596671_1823048600_n[2]

はじめての さぬきうどん。  なんだ、この にょろっとしたやつ(汗)。

12778_592310017516879_1432594316_n[1]

寝たくないらしい。


1970685_594043780676836_1074922889_n[1]

カーテンが好き。

1723088_594862973928250_291235882_n[1]

1972464_594863327261548_379581136_n[1]

よーこの頭デビュー。

14881_596603497087531_1655441549_n[1]

おかんに夢中。




2014-03-02

16日 大雪の日に

母よーこが、今日はともだちと温泉一泊だと、大荷物を抱えて家をでようとしていた。

何でいくの?ときいたら、

「タクシーはこねえがら、歩いて駅までいぐ。」

って、あなた、この雪の中、普通に歩くのも大変な人が、こんな大荷物抱えて20分以上もかかる駅まで歩いていくとな??

仕方ないから、荷物を持って、あたしも出動。ま、駅近くでのイベントに用事があるので、でていくつもりだったけど。

しかし、よーこの温泉への思い、おそるべし。


友人には、何回もメールで、お母さん、ほんとに行くの? と言われ…。
2014-03-02

バレンタインの夜

15122_590567527691128_1023292103_n[1]

鳥の捕獲に必死のバレンタインの夜。


ま、チョコは、渡すべきひとにもう渡してきたしな。  しかし、そろそろ寝たいしお願いです、戻ってきてください。

2014-03-02

阿武隈川

1653887_589940277753853_707160973_n[1]

1662117_589940384420509_346423079_n[1]

ふるさとの川は美しいな~。

はくちょうさんも楽しそう。
2014-03-02

ふぅ と もにょ。

1620531_589572171123997_1331282427_n[1]

2/11日、 福島に戻りました。
一番にしたのは、インコちゃんのお迎え。

じゃじゃーん!

上が小桜インコの 「ふぅちゃん」。

下がボタンインコの 「もにょ」。

もにょは、動きまくるので、うまく写真とれない(;´Д`)。ちなみに、逆さに止まってます。

うちにきてそうそう、飛びまくりの騒ぎまくり。
もうぐったりです(^。^;)

とにかく、今後とも、ふう、もにょ共々、どうぞよろしくお願いします。
2014-03-02

引越し

1897921_589185867829294_1302457417_n[1]

1654841_10151875905841143_924685456_n[1]


2/11日、引っ越しをし、3年すごした東京の家を離れました。
ここで震災を経験し、共に暮らしたウサギのうめちゃんを見送り、たくさん泣いたり、それ以上にたくさん笑いました。

正直、うまくいくことの方が少なかったけど、

最後にみんなの笑顔と涙と、あったかい言葉に包まれて、やっぱり幸せでした。

わたしを支えてくれた大切すぎる人、東京駅まで集まってくれた仲間たち、みなさん、本当にありがとう。
2014-03-02

雪の日坦坦

1891052_588099264604621_944018093_n[1]

引越しは、大雪と大雪の間の日でした。

はじめの大雪の日は東京にて、大好きな人と
遭難しそうになりながら、近所の「ちょもらんま」で 白胡麻担々麺。
あったまって、優しくて、いい時間でした。感謝感謝。




カテゴリー
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる