--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-01-30

薬膳カレーに 野バラ茶



昨日は 会社のイベントの打ち上げで、 またまたクルーザーパーティーでした

大好きな人たちとの、あまりに楽しい時間に、
写真とるのも忘れたぞい。

ずっと前から名前だけ聞いていた有名音楽プロデューサーと、 やっと話をしたら、連れてった私の友人の 福島高校の先輩だったことが発覚

すごい出会いです。

まあ、船酔い&酒酔いで、気持ち悪くなりつつ、サッカーは 寝ないで観ました


今日は疲れた自分の胃をいたわるために、近所の薬膳料理屋「お招き屋 ディデアン」に ゆき、薬膳カレーと、野バラ茶を飲んでいます。

ひとときの贅沢な時間にありがとー

野バラ茶、飲む時に
、バラの蕾が、ブチっと口に刺さるのが、気になるぅ。きっとセレブぅは、口に刺さらないように飲むんだろーに。
スポンサーサイト
2011-01-26

続々と 絵の仕事



久しぶりに、昔、クライアントで、今でもお世話になっている会社に ご挨拶に伺ったら、
ご注文で買っていただいた私の絵がまだきれいに飾ってありました

ガラスが反射しちゃってるけど、 ある港に、いろんな船が 静かに 並んでいて、 その下には、いろんな 漁師さんがいる絵。

海では、いろんな形の仕事があるけれど、みんな一つの港に帰ってきているという 意味の深い絵です。

ほんと、大切にしていただいてありがとうです。

今まではお台場の医療施設の立ち上げで大変でした。でもそろそろ、アーティストの仕事もせなあかんと思っていた 矢先に、


ぞくぞくと、絵のお仕事入ってきてます。今週だけでも 大きく2つ。どちらも出版系。

また正式決定したらお知らせしますが、

そのうち一つは




臓器系です


さすが病院



今週までは忙しいけれど、来週からは、ちょっと落ち着いて、製作にはいれる予定。



2011-01-23

ハレルヤシスターズ



昨夜は、以前、ライブでご一緒させていただいた、ハレルヤシスターズが、 ライブでゲストに出るということで、六本木のライブハウスにお邪魔してきました。


いろんな方がきていて、中には なんだか見たことある人も。

いつもと変わらない、楽しいショーにご満悦。


そのあとは、しゃちょーさんたちと、 ごはん。

どでかい うどんを食べました

どんだけデカいかというと、器の中で、ハムスターくらいは飼育できるくらい。 または、余裕で顔を洗えるくらい。



うまかった


あっ、いつのまにか食い物の話になりましたが、

今年は、ハレルヤさんたちと、ガールズライブをやる予定。


最近、クリエィティブなことをできてないので、
音楽もやりたくなったよ~。

写真がかなりボケていましてすみません。

うどんの写真が一番ボケてないのね
2011-01-21

天空の城



我が家は、四階建てのビルの四階にある。

はじめて 不動産屋とその部屋に入ったとき、とにかく驚いたのは、その作り。


どー考えても、ビルの屋上に建て増した感のある二部屋。 その一部屋が私の部屋なのだ。

先日も少しブログに載せたが、通常、ベランダは、部屋の中にあるもんであるが、うちは、薄っぺらい、アルミサッシのドアを開けると、右に短い廊下があり、その先に、二畳ほどの専用ベランダがあるのだ。

もう少しあったかくなったら、ベランダにテーブル、椅子を置いて、日向ぼっこTEA をのむ予定。
そして、特筆すべきもう一つの特徴は、



エレベーターがないことだ。


ビックリするほど急な階段を四階まで あがらないと家には来れないのだ。




選ばれし者しか来れない部屋。 私はそこを

「天空の城」と呼ぶ。


光が容赦なく照りつける、四階建てビルのエレベーターなし四階部屋で、ちょっとおかしな絵本作家の毒舌トークを聞いた後、逃げるようにベランダにでると、うしろから豆腐が好きなウサギが、あたまを撫でろとおいかけてくるもんだから、仕方なしに、だっこして頭を撫でると、服によだれを垂らされて、寒いベランダで、桑の葉茶を飲むしかないというのではなく、


日光があたたかく降り注ぐ、最上階ペントハウスで、美人絵本作家のおしゃべりを聞いた後、ベランダで、高級ウサギを撫でながら、夜景とオーガニックティーを堪能できる部屋であるのだ。




さあ、みなさん、いらっしゃい



写真は部屋からみた夕日と、高級ウサギの寝姿。
2011-01-17

クルーザーパーティー





昨日、会社でお付き合いのあるカイロプラクティックの社長さんにお呼ばれして、

な、なんと、ク、ク、クルーザーパーティーにお呼ばれして 乗船してきました。



いやあ、東京湾に沈む夕日が綺麗だったわ~。



……。



と、言いたいとこですが…。


あたし、




ひたすら食べてました




だってえぇぇ、カニなんて、お爪の中とか、脚の部分とか、



でろーーん と、フォークで取れるくらい肉厚なんですよっ!


サンセットとか、船酔いとか、言ってる場合ではないではないか!



ってなわけで、写真は酔った私と、カニ。



あっ、夜景も忘れず。








帰るあたりは、船酔いで気持ち悪いのではなく、食い過ぎで気持ち悪くなった気が…。



しあわせ~な日曜日でした
2011-01-15

駅 の 意味

見覚えのある
レインコート
黄昏の駅で
胸が震えた

早い足取り
紛れもなく
昔 愛してた
あの人なのね

懐かしさの一歩手前で
こみ上げる苦い思い出に言葉がとてもみつからないわ

あなたがいなくてもこうして
元気で暮らしていることを
さりげなく告げたかったのに…



二年の時が
変えたものは
彼の眼差しと
私のこの髪

それぞれに待つ
人の元へ
戻ってゆくのね
気づきもせずに

一つ隣の車両に乗り
うつむく横顔みていたら思わず涙あふれてきそう
今になってあなたの気持ち
初めてわかるの痛いほど
私だけ愛してたことも



ラッシュの人波にのまれて
消えてゆく後ろ姿が
やけに悲しく心に残る
改札口を出る頃には
雨も止みかけたこの街にありふれた夜が
やってくる






竹内まりあさんの「駅」という曲の歌詞です。

私、この曲大好きなんですが、

歌詞途中の
「私だけ愛してたことも」

ってところ、

「私だけを」なのか、
「私だけが」なのか、

みなさん、どっちだと思いますか?


「を」なら
彼が、私だけを愛してたことに気づいたことになるし、

「が」なら、
私だけが彼を愛していたことになります。



個人的には私、後者ではないかと最近思うようになりました。 前までは、

「彼が狂おしいくらい私を愛していてくれたのに、私はあなたの愛に気づかなくて別れてしまった」

と思っていたのですが、

もしかしてこれ、 かつて、恋に盲目で、彼の都合や立場も構わずに、愛されたいが故に、ひたすら彼を愛するふりをしていた辛い恋の歌なのかもしれないと思いはじめました。

優しく、でも優柔不断な男は、彼女を愛するふりをしていたけれど、そんな状況に疲れて別れてしまった。

女の方も、別れて、いろんな経験を積み、少し成長し、冷静に自分をみれるようになったときに、しばらくぶりで彼を電車でみかけ、

そのときはじめて、彼が本当に愛を注げる相手は自分ではなかったのだと納得できたのかもしれない。
と同時に、彼と、昔の自分に本当のさよならできたのかもしれなく…。

たから、「雨もやみかけたこの街」

の歌詞が最後にきているのかなと。




深読みしすぎですか?
でも 面白くありません? 彼らがどんな関係だったのか。
男には都合のよい不倫だったもしれないし、女は、男を愛していたのではなく、彼に愛されたいという自分への執着であったことに気づいたのかもしれないし。


日本語って一文字で、まるで意味が変わるからすごいですね。
そして、もしかして、わざとこの接続詞を入れなかったのだとしたら、


竹内さん、そりゃあ尊敬いたしますがな



さて、みなさんはどう思う? ちと長いブログになりました。

2011-01-14

インコの手紙 は こんな場所でも。


インコの手紙。


出版してからはや三年半。

はやっ!


いろんな人に読まれました。たくさんの方々の中にはこんな方も。
例えば、



小錦さん。 社長を 通じて渡されました。


楠瀬誠志郎さん。彼には、インコの手紙 楠瀬バージョンの音源をいただきました。


B' Z 松本さん。 母よーこの店にきた時に渡しました。


北島三郎さん。 発売したての時に、「北島ウィンクハート」という番組に出させていただきました。


そんで、最近、安倍なつみさん。 以前、安倍さんが、彼女のラジオでインコをとりあげてくださったのですが、偶然、安倍さんの事務所のヘッドプロデューサーの方が、先日の会社のパーティーにお見えになり、サイン付きで、彼女に渡すことができました


まだまだがんばりますので、今後もよろしくお願いします。


2011-01-12

たくさんのお花と、かわいい時計



そんなこんなで、昨日はパーティー。たくさんの方々からお花をいただきました。

受付では、楠瀬誠志郎さんプロデュースの 「今月の音」が流れ、

タイマーでずっとよい香りの続く、アロマスターによる「今月の香り」が漂います。




写真は、一番はじめにきたお花。


開けたとたん、おヒゲのようなものがみえたので、海老が入ってるのかと思って 小躍りしてしまったぞい。







あとね、韓国から取り寄せた、壁に貼れるシールでできた フクロウ時計。 はじめ、長針と短針が ユルユルで、だらんと下に下がってしまい、いつまでたっても6時半だったのだけど、念力でなおしました


かわいいものいっぱいの会社です





私を含めて。






…。






何か?
2011-01-12

プリズムガーデンオープン



お台場に統合医療センターがオープン。

「美と健康と智恵」をテーマに、様々なことをします。

例えば、カイロプラクティック、Body and Face トリートメント(エステ)、歯のホワイトニング、コーチングセミナー、ボイスエステ、卵白洗顔、アートセラピーなどなど。

父が亡くなってから、医療を受ける立場の人たちが、医療のことを知り、知恵をつけ、正しい選択をするべき時代であることを実感しました。

ここは、知恵をつけ、自身も美しく、健康でいたちと思う人たちが集まる場所にしてゆくつもーり。

「ちいさいいのち」をテーマにする、私の活動をする上でも大切な場所。

みなさん、お近くにきたら、是非寄ってね。

株式会社フォルチューナ
電話 03ー3527ー5359


2011-01-11

飼っているもの

ウサギ(うちのなか)。


クマ(目の下)。


前者は、栄養を与えると、大きくなる。

後者は、栄養を与えないから大きくなる。

両者とも、もうすぐ人を襲う勢い。


今日も終電。


明日、うちの会社オープンです。

えっ、まだオープンしてなかったの?と思う方、

ええ、そうなんです

クリニックはとうにオープンしてますが。我が、「プリズムガーデン」は、明日オープンです。


お正月に持ってきたキャリーバックも オープンしたままです

お正月のご挨拶、まだしてない方、すみません。
明後日からやります
2011-01-04

都会のウサギ


東京のおうちにつきました。

今年の干支と共に、帰ってきました。

半年以上、ウサギのうめちゃんを預かっていてくれた 母よーこは、

「早ぐ、東京さ、持ってげでー」(早く、東京に持っていって)と言ってた割には、駅に私を送りにゆくときまで、うめちゃんを心配していました。

多分、今頃、時間なくて、私がどーしてもやってこれなかった、うめの、ゲージの、うんこの掃除をしながら、寂しそうにしてるんじゃろな…。


よーこさん、本当にどうもありがとう。



次は何を与えてあげようか…。


よーこの下で、絹ごし豆腐、桑ノ葉茶、歌舞伎揚げを食べるよーになってしまったうめちゃんですが、

トンビに食べられることもなく、ニワトリにつつかれることもなく、無事? 田舎を脱出です。



うめちゃんにとっては、7回目の引っ越し(多すぎっ)。


新しい生活が、うめちゃんにとっても 素敵な年になりますように


写真は新居にてとまどうウサギ。


さて、うめちゃん、都会のウサギへと、



へーんーしーんー





……………。



(汗)

2011-01-02

今年もよろしく


新しい年になりました。

新年早々、今年の干支が、ぴったりくっついて離れません

なーんか、お鼻がモソモソするなーと思ったら、ウサギのウメのお尻が、私の枕元にあったり…。

よい年になる予感
(スーパーポジティブです)。



今年は、去年、生活環境の変化などで、後半、少し停滞していた絵本を進めます。


ライブもやろーじゃないの。


あと、今いる お台場のギャラリーと会社をさらに魅力あるものにします。


そんで結婚。

そろそろマジで頼むでー。神様


頑張ります。


皆様にとって、素敵な年になりますように。

今年もよろしくお願いします。


あきばたまみ
本はここから買えるよ
グッズ販売
プロフィール

あきばたまみ

Author:あきばたまみ
絵本作家

福島県福島市出身 11月23日生まれ 射手座 A型

「ちいさいいのち」をテーマに絵を描いています。

大学卒業後、NYに行く。帰国後、インディーズにてCDをリリース。コミュニティーラジオのパーソナリティーを務める他、都内でライブ活動展開。2001年からは本の表紙を手掛け、個展を開くなど、イラストレーターとしても活動開始。

ART WORK

出版

・雑誌「えくせれんと」内「ほのぼの劇場」 
 http://www.eh-book.net/link.htm

・絵本「インコの手紙」2007年6月21日に経済界より出版! 
 全国書店にて販売中!
・絵本「インコの手紙」2008年7月 第3版出版

・2009年2月14日 宮沢賢治著 あきばたまみ作画の 
「銀河鉄道の夜」源流社より出版!!

・2011年6月 福島県の山「花見山」を舞台にしたお話
 「きんばあちゃんの花見山」出版。 牧野出版

・2012年4月~メディクプレス社 「うちのくすり箱」表紙担当

 http://medicpress.co.jp/index.html

2013 「ひつじのたまご」青根出版 谷川かじか著 あきばたまみ絵
2014 「パロパロとドクターかぶとむし」青根出版 谷川かじか著 あきばたまみ絵
2015 「インコの手紙完全版」経済界 

他はトップ記事にて

カテゴリー
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。