2009-10-29

秋の幸せ

20091029131452
ベランダのプランターに、 秋なのに、

たんぽぽみたいな黄色い、小さいお花が咲いてました


なんか ちょっと幸せ


しかし、何 植えたっけかな? …
2009-10-28

紀香になれる日

20091028112603
スタイリストの知り合いから紹介されて、最近使っている

「羊の胎盤コラーゲンパック」


名前が おどろおどろしいが、かなりの人気商品らしい。

友人が、5日続けて使用すると、 藤原紀香になれるというので、


わざわざ 香港から取り寄せてみました


使いごこちは 抜群。


結果は… 風邪ひいてしまったので、今のところ、プラスマイナス0かも…。


でも明日でいよいよ五日目。


わからんよー、 明後日、突如、紀香さんになってるかもしれないし…。

「ウサギを抱いた藤原紀香」

雑誌のタイトルになりそーな!


……

この妄想癖も風邪薬でなおるじゃろか?


まっ、高くないし、パック自体はホントにお薦めです



2009-10-22

CLAP ドアップです!

1

2

3


福島市内の、主要な公共施設、お店なんかにおいてあるフリーペーパー「CLAP」10月20日ha派発刊 Vol.4  に、大きくとりあげてもらいました。


どんだけ大きいかというと、

毛穴もムダ毛もばっちりサイズです(大汗)。

ちょいとみると、未来の空を見てそうな、かっちょいい横顔に見えますが、何をかくそう、このアングルは、
前日にできてしまった寝跡、額のバッテン隠しの秘策
なだけなんだとは、ぜーーーったいに言いません!  汗…大汗…大大汗!!

まっ、でも、こんな、私の精神的な部分を掘り下げて取材していただいたことはないので、
とてもよい新しいプロフィールになりました。 宍戸さん、ありがとうございました。

これは、福島市では、音楽堂、県立図書館、福島テルサ、県文化センターなどの施設に置いてあります。 市内の方、是非、ゲットしてください。

また、今回、市外の方で、これ、よみたい!という方がいましたら、10名くらいの方にプレゼント
します。 読みたい方は、このHPにメールくださるか、この記事のコメントに 「管理人だけが見れるようにする」 で、お名前と、ご住所をお知らせください。

毛穴ばっちりの写真、お届けします。

2009-10-20

おんぶおんぶ

おんぶ

福岡にお住まいの友人アーティスト、津島タカシさんが、絵本を出されました。
タイトルは
「おんぶおんぶ」

おばあちゃんの背中が大好きで、いつもおんぶをしてもらう太郎。それをみていた動物
たちも、おばあさんにおんぶをしてもらいたがりますが…。

本当は知っているのに、しらないふりをして、受け入れる。
どんなことがあっても、自分のことより、相手のことを考える。
ここに出て来るのは、私の理想のおばあちゃん。

こんなおばあちゃんになりたいです。

残念ながら、一般販売はされず、全国の病院や施設にくばられるというこの本ですが、
ネット上で見ることができます。
是非、みてくださいね。


「おんぶおんぶ」
http://www.nippon-shinyaku.co.jp/child/book.html

津島さんのHP 「PUKAPUKA blog」
http://blogs.dion.ne.jp/pukapuka/


津島さんとは、インコの手紙 からのお付き合い。 インコを宣伝してくださって、
インコの手紙を検索すると、津島さんのブログに一番にたどり着き、そこからかなり広まりました。
本当に感謝している方の一人。

お会いしたことはありませんが、このようにして縁が繋がってゆくのって、嬉しいですね。

あたたかい絵と、作品のクオリティーの高さは、本当に見習わなくてはいけません。

「おんぶおんぶ」がたくさんの方にひろまりますよう。

津島さん、ありがとうございました♪
2009-10-15

ハートの実る木

木
先日のブログより、木つながりですが、最近我が家に来た この木。

その名は「ハートの実る木」

なんでも、 にしざき科 「はりつるまき」の突然変異だそうです。


実
ちょっとこの角度ではみづらいけど、 実がハートの形に実るのです♪

気温が下がればなおいっそう赤みを増して鮮やかなハートに変わるのだそう。
辛い寒さがあるからこそ 実ってゆく心。 うーーん、深いです。

そんで、一番大切なこと。
これだけは絶対に枯らせないぞお!



切実です。
2009-10-12

ゆめのき 完成!!

1

「ゆめのき」完成しました!!

福島のヨークタウン野田町店での 宮脇書店でのイベント 無事終了しました!!

みてください、この美しさ!  

って、 私?のことじゃあなくて(汗)、この木。

こどもたちと描きました!

2

今回は、葉っぱの形をした紙に、思い思いの色を、ソフトパステルでのせてもらいました。
ラメパウダーを使ったり、カラースタンプなどを使ったりで、みんな、帰りまでにはピカピカ
な顔になっていました。

3

会場は、本屋さんの絵本コーナーを使ったのですが、こーーんなにたくさんの方々が来てくれました!

4
お手伝いくださった宮脇書店のスタッフの方々と。
さすが女性の、細かい気配りで、ほーーーんとにやりやすい、とっても楽しいイベントでした。

みんなでつくった「ゆめのき」は、今後、もう少しバランスよく枝に張り付けてもらい、
参加してくれたこどもたちの写真が飾られる予定。

今から一週間は、ゆめのき が見られますので、お近くの方は、是非、宮脇書店野田町ヨークタウン
店に、いそげーーー。


来てくれたこどもたち、そのお父さん、お母さん、宮脇書店の熊坂店長、日塔さん、スタッフの皆様、本当にありがとうございました。

また、後日の様子、アップしまーす。


2009-10-08

ゆめの木 半分完成

20091008225150
今度の日曜 11日に 福島市の ヨークタウン野田町にある

「宮脇書店」で お絵描き教室やります

教室といっても、今回は、 みんなで 秋色の綺麗な葉っぱを描くというもの。

キラキラのラメなんかも使って、 素敵になった葉っぱを 「ゆめの木」に貼って 、みんなで 一本の 紅葉の木を作ります

写真は ゆめの木 の 半分完成したやつ

とっても素敵な木になりそうで、とっても楽しみ。

みなさん 是非来て下さい。

時間は 13時から14時で、参加費無料です。


昨日、ウメさんに 蹴られながら、台風情報をテレビで見ながら 描いた夢の木。

たくさんの みんなの思いが色づくとよいな。
2009-10-07

矯正展 ほうこーく!

1
朝は寒いと思っていたのに、イベントがはじまるころには、ほんとにお天気に!
逆に日射しが痛いくらいでした。

風もつよくって、手前のポストカードがふっとんでいたりしました(汗)。

そーいえば、わたし、完全外でのイベントってはじめてだったわ。

でも、たーーくさんのちびっ子たちに囲まれて幸せでした。

今回も、カメとわんちゃんと、ウサギちゃんを描きました。


2

みんな必死です!

3
お手伝いしてくれた 美咲ちゃん。 とてもかわいい子でした。18才だって! 
ううううーー、私といくつ違うのか! 隣りのは、疲れた三十路をとうに過ぎた珍獣。

来てくれた子たち、スタッフの皆様、美咲ちゃん、ありがとうございました!

2009-10-03

明日は 矯正展

明日は 福島刑務所 矯正展 内で パステル教室やります。

場所 福島刑務所

パステル教室の時間

午前 9時30分~10時30分午後 12時30分~13時30分


ポストカード、サイン付絵本の販売もします。
みなさん、こぞってお越し下さい。

2009-10-03

お彼岸の3コマ作品ゲーーット!

いわき民報
先日、9月19日に、私の、お彼岸3コマイラストが載った民報新聞いわき版をやっとゲーーット!

担当の方に、「えっ?今頃届いたの?」と聞かれましたが(汗)…。
だーーって、請求書の類いしかないポストは恐くて あまり開ける習慣はないんだもの。

いわきのKさん、本社のWさん、ありがとうございました。

内容はこんな感じ。 原画はカラーで描いたの。

1
お彼岸っていいな。
手を合わせて、心をこめて…

2
かつて、
ぼくたちを守ってくれた人たちのことを想い…
そして…

3
今、となりで生きている
大切な人の幸せを願えるんだもの。
2009-10-01

結果

今回、東京に来たのは、
通常のお仕事発注確認と、 次回作の出版社めぐりのためでした。


次回作は 来年春に出版したい予定で 計画をたてて進めていたのですが、作品の方向が、 当てにしていた方の考えとズレてしまい、 出版までは自力でやるということになってしまいました。


悲しいやら、情けないやらの気持ちの反動で、半分意地になっていたのですが、ダメなものはやはりダメでした。


今の出版業界も例にもれず、想像以上の不況で、みなさんも知ってる大手の出版社も こないだ倒産したし、 それでなくても、リストラの嵐で 生き残るだけで精一杯のようです。

通常、絵本の場合(ここでは、出版社が製作費用を出す企画出版の場合ね)は、よっぽどの話題作品か、よっぽどの有名作家の作品でない限り、 たいてい、初版は2000部~5000部のスタートです。

小説などの書籍とは違い、全ページ カラーのため、印刷コストが かなりかかるためと、実売で売れる数がどうしても少ないためです。


更に、作家に支払われる印税は 実売に関係なく、出版冊数で決まるので、 出版社は新刊を出すことと、増刷にはかなりシビアになるのです。


だって、むやみに出して、印税だけ払わされて、売れなくて在庫かかえたくないもんね。

なので、このご時勢で、3000冊程度の新刊を出したところで、赤字がみえるので、企画出版は無理。そして最低、3000冊くらいの買い取りが必要ということでした


でも、知り合いの編集者が、企画はおもしろいし、半年待ってくれたら 、資金ができそうだからと言って下さったので、
結局、今は期待しすぎず、やれることをやろうというところにおちつきました。


今回の企画、 絵本の製作の中に、こどもたちを募集して、 こどもたちに ワークショップで絵を描いてもらい、それを切り取って、大きな紙に貼り絵のように貼って、みんなで一枚の絵を完成させるというイベント付き
の企画が入っていたので、
今は、とりあえず、そのイベントを成功させようということに 頭を切り替えました


超難題が山積みですが、 楽しんでやります


現代の桃源郷と言われた、福島市にある、春になると花で埋まる 花見山で、 花の美しさと強さを、こどもたちに伝えるために、

ワークショップをやる場所と、花見山まで こどもたちを連れてゆく車両、どちらか一つでも 協力してくださる方、是非ご連絡下さいね

カテゴリー
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる