2009-08-31

24時間テレビ

昨日の話ですが、

昨日は24時間テレビみながら、新しい絵本の下絵を書いていました。

いやあ、最近は 年とったのか、涙出やすくなったなあ…。

でも やっぱり、 頑張ってる人の姿は 感動します 。

多分、 私たちは 頑張ってる人の姿をみて、前向きに自分も頑張ろうと思い、 そんな姿をみた また別の誰かが前向きに頑張って、

そして この世の中が輪廻してゆくのではないかと思います。

いろんなことがある世の中ですが、人は 言われているほど 悪い生き物ではない気がします。

私も絵本や パステル教室で 誰かを前向きにできたらよいなあと思います。
2009-08-30

不法侵入者?

にわとり


にわとり2


うちのマンションの隣にいるやつ。

たまーに、自分とこのナワバリぬけだして、うちのマンションの敷地で何かをついばんでます(汗)

どうやら、普通のニワトリではなく、比内鶏(天然記念の方)だそーです(汗)。

契約している車がくると、天然記念の鶏なのに、車に蹴散らされています(汗)。

前は、もっと数がいたそうですが、ハクビシンあたりにやられたそーです(汗)。


というわけで、朝方になると私は 「コケーーーーッ ココココッ」と、いう天然目覚ましで目が覚めます(大汗…)。

ここはいったいどこなのだろう???

2009-08-28

レスポール

http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20090814-OYT1T00334.htm

エレクトリックギター 「レスポール」の生みの親、その名も レスポール氏が、先日 亡くなった。


94歳。大往生である。 波乱万丈の人生を送った彼、いや、実は 私もお会いしたことがある。
会ったといっても、彼のライブを、NYにいたときに見ただけだけどね。

でも、その私たちの出会いには意外な逸話が。

当時、毎週月曜の夜にNYのミッドタウンにある「イリディアム」というライブハウスで彼はライブをしてて、一度はみてみたいということで、ともだちと見にいったのだ。

ともだちは、レスポールのことをよく知っていたけど、私は、顔なんかはみたこともなくて、どんな人が
演奏するんだろうと、開演を待ちながら、テーブル席でお酒を飲みながら待っていた。

わたしたちの席は、ホールの中央にあって、わりといい席だったのだけど、いつまでも開演しないから、なんとなく疲れてきて、足をステージ側にのばしてぼーっとしてたのね。

そしたら、横から、年配のウェイターが タカタカと小走りで走ってきて、見事、伸ばしてた私の足に
つまづいて、

ずてーーん!!  

と、そりゃ、ドリフの音楽が流れてきそうなくらいの典型的な すっころび方で、そのウェイターは、すっころんだのだ。

おいおい、ウェイター、大丈夫かい、イリディアムも、こんな、足元もよくみえない、高齢の従業員を雇っているんだな なんて思っていたら…


わさわさわさ っと、まわりから スタッフがたくさん駆け寄ってきて、みな口々にこういう。


「レスポールさん、大丈夫ですか?」



………


ウェイターみたいな格好して、わきから ちょこちょこ 小走りでかけてきて、私の足に見事に
ひっかかって、ドリフのコントもびっくりの ずっこけ をみせてくれた じいさん、

あんたがレスポールかいっ!!


私は、かの レスポールをひっかけて 転ばせてしまったのだ。

たしか、ずっこけた瞬間、レスポールに睨まれたよーな(汗)。

ま、ほんとに怪我がなかったからよかったようなもんだけど、もし、そこで怪我でもしてたら、

次の日のNYタイムズあたりに 「日本人の女、レスポールに怪我させる」

なんて記事が載ってたかもしれぬ。

むむむむ…。

ああ、よかった!  

 レスポール本人も、「I'm OK」なんて、いってたけど、通常から、ステージ袖に主治医がスタンバイ
してるような状況なんだから、じいさん、もっときをつけにゃ! 

その日は、いつ何時、容態が急変するかもしれぬ不安で、べつの意味でドキドキしながらライブ
をみることになったのだったよ。  
ステージは、ずっこけたじいさんと思えないほどの 圧巻のステージだったけどね。

そんなレスポールさん、あれが最初で最後の出会いでした。

ご冥福をお祈りします。



あきばたまみグッズ販売は → http://store.upsold.com/akibatamami



2009-08-24

インコの手紙&my イラスト グッズ販売のお知らせ

じゃじゃじゃーーん!


絵本発売してから はや2年、やああああっと

「インコの手紙」のグッズ販売をすることになりました♪

種類は いまのところ、

トートバック、エコバック、ハンドタオル、ジグソーパズル、タンブラー、ポストカード です。

インコのほかにも、私のイラスト「キリンの夢」、「虹色クジラ」等で エコバックも発売してまして、今後もアイテムを増やす予定です。

みんな、とてもリーズナブルですので、よかったら、是非、是非是非!お買い求めください。

また、私の手元に見本がないので、届きしだいアップしてゆきます。

よろしくね♪


グッズの販売→ http://store.upsold.com/akibatamami



注: 「キリンの夢」のエコバックがトップで表示されますが、
   ページの下方にある デザイン一覧のとこにあるインコちゃんたちをクリックしていただくと、
   それぞれのグッズがみれます♪
2009-08-19

だってゾウさんは大きいんだもの

空ゾウ

Elephant on the earth

最近は、どうも絵を描こうとすると、ゾウさんの絵が多くなってしまう。
何も考えないで キャンバスに下書きはじめると、いつのまにかゾウになっている。
今年はゾウにご縁があるのか、私がゾウになりたいのか、とりあえず、長っぽそいものが描きたいのか不明だが、 とにかく今はゾウさんなのである。

私がかつて絵を教えていた子どもの一人が、ゾウを描き始めた時の話。
彼(たしか、当時5才くらい)は、机の上に画用紙が乗っているにもかかわらず、
その画用紙を無視するかのように、机全面にゾウを描き始めた。

私は慌てて、「何描いてるの~」と聞くと、
彼は、かなりクールにこう言う  

「ゾウ」

……

いや、わかっているのだが…。何故に机にまで描くのかと…。

そこで私が感想をぽつり。

「ずいぶん大きなゾウさんだねえ」

……   はっっ!そうか! 私はそのとき気付く。

「だってゾウさんは大きいでしょ」

その通りである。ゾウは大きい生き物なのだ。こんな画用紙ごときに収まるサイズではないのだ。
彼は無意識にそれをわかっていたのだろう。

友人にそれを話すと、
「いやあ、それは確信犯の可能性もあるねえ。女性の先生の気をひきたいためのね。」

うむむ……。

今となっては、どちらが真実かわからないが、とにかくゾウさんは今でも大きいのである。

なので、今回は全面に描いてみました。

光に向かって、ゾウさんは今日も地球の上をノッシリ歩くのです。
2009-08-17

インコの輪

20090817020218


20090817020204


遅ればせながらですが、名古屋に行った時に、以前から インコの手紙を 応援して下さってた「 パインさん 」に お会いしました。

パインさんの飼ってらっしゃる プクちゃん(コザクラインコ)は ほんとに かわいらしくて、

「ああ、愛されてるなあ」

というオーラ全開です。

パインさんのブログものぞいて下さいね

http://x64.peps.jp/pukuchan/

インコがつなげた幸せの輪を これからも繋げてゆけたらと思います。 パインさん、ほんとにありがとう

それにしても、 その日は 早朝に静岡地震があった日。 名古屋もすげー揺れて、
新幹線に乱れがでて、東京に着くまで 5時間かかりました
まあ、おかげで 新幹線の中で、たっぷり睡眠とれたけどねえ

2009-08-15

サルスベリ

20090815155704
20090815155653
20090815155639
更新ちょいと止まっててすみません

名古屋&東京に行ってました。

いやあ、 いろんなことが ありやんして、 ヘコんだり、 お酒のんだり、お酒飲んだり、歌うたったりしてました

でも そんな合間をぬって、 毎年行ってる 板橋区立美術館でやってる

「ボローニャ国際絵本原画展」

に 行ってきました。

私も何回か 応募してるんだけど まだ入選したことはなく…。

今年もさすがという作品が並んでおりました
近年中に 私の作品も並ぶといいなあと思って、一人で闘志を燃やしていたのでした。

大好きな サルスベリの季節です。

ほんとに サルは この木ですべったんじゃろか?
2009-08-07

お誕生日

20090807014049
ケーキ


5日は、母よーさんの 何回目かのお誕生日でした。

よーさんのお店で、私の手作りケーキとお花でみんなとお祝い。

おめでとうございます
2009-08-05

言祝ぎ(ことほぎ) のススメ

大学の時に、「言祝ぎ」(ことほぎ)という言葉をならった。

辞書で調べたら、「言葉で祝福すること」であったが、 たしか、そのもっと深い意味は、

例えば、結婚式で、たくさんの方に「おめでとう」を言われると、その新婚夫婦が、本当に幸せに
なれるとか、お葬式でも、たくさんの人に思い出を語ってもらうことで、故人が安らかに眠れるようになるとか、そういったことだった気がする。

じいちゃんのお葬式の時、一度だって挨拶にきたこともない親戚と名乗るヒゲじいさんが、
堂々と、高いお寿司をほおばって、酒を飲んで話している姿をみて、
幼心に、「なんだ、こいつ」と思っていたものだが、
こうやって説明されると、納得がいく。

ヒゲじじいは、私のイクラ寿司を、ただ食べにきたのではなく、
じいちゃんの思い出をたくさん語ることで、お弔いをしていたのだ。

ちょっと話が横にそれたが、要は、幸せな言葉には幸せが帰ってくるということだ。

とするなら、心ない言葉には、それなりの結果が戻ってくるというのも納得する。


そして、今の私といえば、完全に後者で、 

アンラッキーなことがおこる→ 文句を言う → さらにアンラッキーなことがやってくるという、

負のスパイラルの中にいる。


…… 

ような気がする(汗)。


ウサギのウメがウンチを撒き散らす→ ウメに八つ当たりする → 今度はウメは、柔らかくて、乾くとムッチャ掃除が大変な巨大なウンチをする。

まあ、これは大げさな例としても、

アンラッキーなことが起きると、そのたびに原因を考える前に、誰かに文句を言ってしまっているのは
本当。

心に余裕がないから、精神的にもイライラしてしまうんだね。
そんな時ほど、感謝の気持ちが必要なのに。

幸せは足元にある。
心から感謝することが難しい状況でも、せめて、「言祝ぎ」のように、「ありがとう」
を言ってみよう。

何か変わるかもしれんからね。

ありがとう。


とりあえず、明日は、母よーこの誕生日。

知り合いとお店に行って、サプライズケーキでお祝いする予定。
日ごろの悪態を反省し、感謝の気持ちをこめてね。



2009-08-04

宮脇書店

2


1

福島市の西口近くにある 「宮脇書店 ヨークタウン野田町店」の

絵本コーナー上方に 私の50号の作品 「Flowers of joy」 (喜びの花)が飾られています。

なぜなら…

家から極めて近いから♪

一人で担いで搬入しました。

店長さん、ありがとうございました。


宮脇書店 ヨークタウン野田町店  
福島市野田町4ー1ー3 ヨークタウン内 

2009-08-02

泳がぬたいやきくん

20090802181622



20090802181608



今日は日曜日

掃除して、洗濯して、ウサギのウメの 爪切りして、 そんで買い物。


カフェで、最近 忙しくて ご挨拶できてなかった人に 暑中お見舞い書いて、
帰りに ワインと


「冷やし鯛焼き」

買って 帰ってきました。冷やし鯛焼きは 以前から気になってたのですが、
ホントに冷えてて、中は 冷たい キャラメルクリーム


たまげるほど ではなかったけど、 うまかったです

鯛焼きも 昔は、毎日鉄板の上で焼かれて、しまいには、おなかのあんこが重くても 店のオヤジと喧嘩して 海に逃げ込んだもんですが、

最近では、冷蔵庫の中でヒンヤリしながら、かわいらしいお姉ちゃんの店員さんに なでられながら、おなかに キャラメルクリームを 宿すよーになりました

時代は変わるもんですよ。

あっ、「泳げたいやきくん」は、

リ、リアルタイムぢゃあないよ

ほ、ほんとですってば(大汗)
カテゴリー
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる