--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-04-30

るるぶ福島

1


2


私事というか、私の母よーこ事なんですが、

このたび、全国雑誌の「るるぶ福島」に、母よーこさんの餃子のお店

こはる

が紹介されました♪ 


福島は餃子の町ということで、何軒か特集されてるうちの一件なのだが、
写真付きで結構大きく載ってました♪。
ただ、他の店は店主の顔写真も載っているのに、うちだけ顔出しNGで…。

載せれば、他の店なんて目じゃねーぜ!!って感じのインパクトは与えられたのに…。

ま、でも、本屋でみかけたら、のぞいてみてください。

他の店とちょっと違うのは、皮がよもぎだったり、具に変わり種が入ったり(大葉、海老、キムチ、
カレー等)してるとこ。 手前味噌ですが、はっきり言っておいしいです。

ただ、注文してから皮に具を入れてにぎるので、時間が多少かかります。
それに、母よーこさんのマイペースっぷりで、さらにゆっくりになってしまうので、
来られる時は、お時間と心に余裕を持ってお願いします♪


あと、アップルマガジンにも載ってます。ほんで、ゴールデンウィーク過ぎに
発売の全国雑誌にも掲載されるみたい。

最近の よーこさんの口癖は

「全国版に載っちまったか…たいへんなんだでば」 と、


「るるブウ」です。

ブウはやめましょ。ブウは!


餃子の店 「こはる」 問い合わせ:024-524-2589
スポンサーサイト
2009-04-27

花巻盛岡報告2

4
一日目は盛岡でした。 知り合いの紹介で、岩手の新聞社「岩手日報」さんにお邪魔し、取材
をしてもらいました。

もうすぐ記事になるはずなので、岩手の方はチェックしてみてね。
掲載されたら、ここでも発表します。


当日、取材のアポのギリギリに盛岡着いてしまい、現地まで観光かねながら、
ゆっくりあるいて行こうと思ったのですが、こりゃまにあわんということで、
タクシーに乗ると…

「お客さん、盛岡ははじめてって顔してるけど、はじめてでしょ??」

とタクシーの運ちゃん。

「あっ、はい…」

「そーかいそーかい、じゃ、盛岡をおじちゃんが案内してあげるよ。
 
んで、ここが有名な桜で…なんたらかんたら (中略)」

 「あのお、ここは岩手日報さんへ行く道ですか?」 と、私が聞くと、

すると運ちゃん、平気な顔でこう言う。

「いや、ちょっと遠回り」

「あっ、でも大丈夫。メーターはさほどかわんないから」

… いや、そーではなくて、あと5分しかないのですが…。


こんな感じで、その後何回かタクシーに乗ったのですが、みんな親切に観光してくれるんだよね。
岩手のタクシーさんたちは、ほんとにいい方ばかりでした。

あっ、かなりのバタバタを示すものとして、私の髪型が今後どんどん乱れてゆきます…。

5

んで、そのあと、急に花巻市役所からお電話かかっていて、
なんと

花巻市長 大石満雄さんにお会いしました♪


すごくフランクなとても感じのいい方で、今後、花巻市で何かやりたいですねなんて話もしてきました。
実現できるようがんばりたいです。 ありがとうございます。


はい、かなり髪の毛がぴょんぴょんしてきました(汗)


6

翌日、伺ったのが、宮沢献賢治記念館。

館内には、宮沢賢治のご子孫の方々がいらして、たくさん貴重なお話を聞くことができました。

これは、記念館から、イーハトーブ館に向かう森の階段。

雨がふりそぼってたせいもあるけど、だあれも歩いていなくて、静かで、
雨の音と、時々、鳥の鳴き声が聞こえるだけで、ほんとに賢治さんの物語の世界の
誰かがいまにも現れそうな感じでした。

8

おっ、ふくろうさん!(森進一のそれではなく…)と思ったら、鳥の置き物。

7
おっ、ふくろうさん!(森進一のそれではなく…)と思ったら、鳥のランプでした…。


いろんな方にお話をお伺いして、思ったのが、まず、岩手のみなさんは、宮沢賢治を
すごく大切にされているということ。
それは、彼自身が、みんなに愛されるような優しい人だったことの証明であるような気がしました。

わたしは、宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」を出版した時に、賢治さんに詳しい方や、岩手の
人に、こんなのは違うと酷評されたらどうしようかというプレッシャーがありました。
でも、ここにきて、本は出したときから、それは読み手や受け手のものであり、解釈は自由
なんだなということをあらためて感じ、また、岩手の方々に私の作品が少しずつ受け入れられて
いることも知り、本当にうれしくなりました。

彼の作品が難解だというのは、もしかしたら、解釈してる側の問題で、賢治自身は、
世界観はあれど、とてもシンプルなことを言いたかったのではないかと思います。

そして、私の心も、それを難解にしているのは、周りの環境に左右されてしまう自分自身なのかな
って、雨ふる森の中で思いました。

心に正直にいきてゆく。

下の畑にヲリそうな 賢治さんからそんなことを感じました。 

出会えたことに心から感謝です。


岩手のみなさんもどうもありがとう。
これから、また岩手のこどもたちとも会える機会を考えるね。

というわけで、長くなりましたが、髪を振り乱しながらの先週の盛岡花巻報告でした。



9
これが大慌ての証拠写真。 花巻市長さん、けして寝起きではありませんで…。
2009-04-26

花巻盛岡報告

岩手1

福島に帰って、すこおし体調くずして、更新おくれました…。すみませぬ。

少しずつ岩手報告です。

なんか、ほんとに幸せがでそうな予感♪

岩手3

あいにくの雨でしたが、
念願の宮沢賢治記念館にも行ってきました。

岩手2

賢治記念館から、坂道の森を下ってゆくと、イーハトーブ館という建物がありました。
ここにも賢治さんがいました。


まだまだアップします♪
2009-04-21

宮沢賢治記念館にて

20090421141409
20090421141404
念願の宮沢賢治記念館にゆきました。

雨女 再来で、あいにくの雨でしたが、森の中にたたずむ感じで、こういう風景で 賢治さんは 作品を書いたのだなと 妙に感動してしまいました。

またゆっくりアップします。

これから福島にかえりまーす。
2009-04-20

盛岡花巻

20090420224418
盛岡にきてます。

今日は 新聞社 岩手日報さんに取材を してもらい、

その後、なんと、 花巻市役所から連絡があり、


花巻市長 大石満雄さんに
お会いすることができました


市長はすんごくカッコイイ方で すんごく親切でした

詳しくは 福島帰ってから報告しまっす! コメントもありがとうです。帰ってからゆっくりお返事しまーす。


そして夜は、盛岡市内を歩いていたら、偶然にも、 盛岡冷麺でひじょうに有名な

「ぴょんぴょん舎」という焼肉屋さんにいき、一人で冷麺食べました

麺にすごく こしがあって、一人で ぬほほほ と笑ってしまい、 遠くから 店員さんに笑われました


明日は 念願の 宮沢賢治記念館にゆきます

2009-04-20

とりあえず

20090420005608
とりあえず 牛タン!


今日は仙台泊。
仙台は中学のとき、TMネットワークのコンサートに来た以来。(年がばれそうですが


とりあえず、仙台にきたらこれだということで
仙台名物牛タンを、「 利休」というお店で堪能しました♪


超行列


でもうまかったあ!
もくもくとみんなして舌のみを食べる光景は不思議でしたがね


牛さん、 何枚舌があっても足りないねえ。

頑張れ!牛さん!


明日は盛岡入りです。
2009-04-18

いざ、イーハトーブへ

白鳥


インディアン

明日から仙台経由で、

念願の盛岡と、宮沢賢治のふるさと花巻に 2泊3日でいってきます。


盛岡では、岩手の新聞社、岩手日報さんの取材を受ける予定。

そんで、花巻では、宮沢賢治記念館と、イーハトーブ館に行ってきます。

なんかね、私の「銀河鉄道の夜」、



宮沢賢治記念館で売れている

ようです♪


一番売れてほしい場所で評価されているのはうれしいです♪

賢治さんに会えるじゃろか??

2009-04-17

モフモフしたやつ

アルパカ2


アルパカ1


これ、最近の作品。




モフモフしたやつ。 最近CMでも話題の


アルパカ君。



似てるかな?? 


ゴールデンウィークに、那須にいる彼等に会いにゆきます♪


2009-04-13

東京におりたちました

東京にきております

久しぶりに品川から 天王洲のあたりでの打ち合わせ。

私のCD「ちっこい花。」を出したのは メロディーコーポレーションというとこなんだけど、

プロのミュージシャンが使う 「東京ベイスタジオ」という、リハーサルスタジオ の中にあったプロダクションだったのよ。

今は 移転したけど、そのスタジオがこの近辺。

夏になると、最上階の待合室から、花火が一望できました

あー、懐かしや。


さてと、頑張ってゆこう。
今日はボルネオ島の関係の会社と 新聞社に出没予定。
2009-04-11

カルマ

テルマではない。


カルマ。 ちょっとオカルトっぽい響きがあるが、私は このカルマを少し信じているとこがある。

カルマ。因果応報とでもいうのだろうか。
うまく説明できないが、
誰かに優しくすれば、誰かに優しくされるし、誰かを裏切れば、誰かに裏切られる。

過去に越えたことになってない試練は また 同じような形でめぐってくる。

私の場合、特に一番最後は、笑ってしまうほど必ずある。
最近もそんなことがあった。
やりたいことからは 少し遠回りになってしまうし、 その意味でリスクも大きいし、 やったからといって、期待するような結果は得られないかもしれない。

でも、目にみえる結果ではなく、 自分の心の中で きちんと納得して消化しなければ、まあた、同じのが巡ってやってくる。

だから あきらめず、逃げずに 打算なしで、 立ち向かってゆくつもり。


なんのこっちゃかよくわかんなくてごめんね

少し環境を変える予定


ダルマ でもなく、


クルマでもなく、


エルマーでもなく、


テルマでもない。



カルマ。 ウサギのうめちゃんのウンチのよーに 繋がってゆくのだ。
2009-04-11

理由ありデコポン

20090411123223
広告に載ってた


「理由ありデコポン」。



何の理由があるというのか?


離婚か?



借金か?


2009-04-09

ペットカーニバル番外編

会場には、犬を連れたたーーーーくさんの方が来場されました。

ステージでは、ソフトバンクの白いお父さん犬 かい君が来たり、わんわんサーカスがもりあげたりと 大混雑。

人ごみのなか、ステージをみていると、私のおしりのあたりがもぞもぞと…。

痴漢か??

と思っておそるおそる後ろを振り返ると、 

犬が一生懸命私のおしりの臭いをかいでいたり…。

何か臭いましたでしょーか??



そのほかにも会場には、ふれあいコーナーとして、わんにゃんだけではなく、鳥や、カメや、
ハムスター、ヒヨコ、イグアナ、ヘビ、ウサギ、などなど、たーーくさんのどうぶつが♪

気になったのは、ヘビのとなりにヒヨコが展示してあったこと。

もちろんそれなりに距離はあるけどさあ、ヘビのほうが気になって仕方ないがなよ…。



14
これは 乗ってしまえば竜宮城にもいけそなカメさん。
ふだんは のろまだけど、火事とか地震の時は、会場一の逃げ足という噂も…。

イグアナくんも、どんだけモデル業が長いのか、まああああったく動かなかったけど、
夜は 夜な夜なキャバクラにいっているという噂も…。

13

ほで、これは、朝の風景ね。 わんわんたちはこのようにして搬入されます。


まあ、とにかく、おおにぎわいの3日間でした。

動物さんたちもほんとにお疲れさまでした♪
2009-04-07

ペットカーニバル報告2

7


会場にはインコの原画も飾りました。


6

そんで、ペットへの感謝の気持ちを描くサンキューボードもつくりました。


8

春なのに~ 起きてこないカメを心配するメッセージやら、

9

今飼っているペットたちへの感謝の気持ちやら、

11

天国へいってしまった子たちへのメッセージやら、

たくさんありました。

みんな、届くといいね♪

うん、私が届けてみせます!


12

これは、とてもおとなしいんだけど、必死に描いてくれた女の子からのメッセージ。


きてくれた子たち、ペットたち、 スタッフの皆様、本当にありがとうございました。
2009-04-07

ペットカーニバル報告1

1

3日から5日まで、福島の「ビックパレットふくしま」で行なわれていた、ペットカーニバル、

無事終了しました。

私は会場の一角にブースをもらい、こどもたちにパステル画を教えました。

本の販売もしたのよ。


会場はワンコ連れのお客さんと、販売してるペットやら、ふれあいがお仕事のペットまで

ほーーーんとにたくさんのペットと人であふれかえりました。


2

3

この写真みたいに、ブース内では 大きな紙を敷き詰めて、こどもたちに自由に絵を描いて

もらいました。  

さて、この紙、一体、何の紙でしょう??

答え↓





新聞紙のあまり紙 でした。

福島民報社の主催ということで、毎日印刷の時に出る、新聞紙のあまり紙を

ロールでおかりしました。 みんな大喜び♪


初日、クレヨンで描いてもらってたのですが、あまり紙ノリがよくなかったので、

少人数ならいいやと思って、私が使っている、1本250円のパステルを、

こどもたちにかしてあげたら、一気にこどもの人数が増えて、お高いパステルが大変な悲劇に…。


まあ、出した私が悪いので…。

すぐに100円ショップにソフトパステル買いにゆきました。100円ショップに売ってたのもびっくりなんだけど…。



4

黄色い鳥はわたしの作品。 係のおねーちゃんに間違われないようにしないとだったんで…。

5

パステル教室以外でも、こどもといっしょに描きました♪
2009-04-02

たぬきだって

1


たぬきだって、結局…


2


自分がこーなりたいって、
念じて行動する事で、



3


はじめて 夢が叶うんだよん。



担当さんが急に移動になってしまったり、会社が火事になったりと、いろいろありましたが、
とりあえず、明日、郡山ビックパレットでの ペットカーニバルの準備にいってきます。

本番はあさって金曜日から3日間。

こどもたちを楽しませられるよう、念じて行動してきます♪
本はここから買えるよ
グッズ販売
プロフィール

あきばたまみ

Author:あきばたまみ
絵本作家

福島県福島市出身 11月23日生まれ 射手座 A型

「ちいさいいのち」をテーマに絵を描いています。

大学卒業後、NYに行く。帰国後、インディーズにてCDをリリース。コミュニティーラジオのパーソナリティーを務める他、都内でライブ活動展開。2001年からは本の表紙を手掛け、個展を開くなど、イラストレーターとしても活動開始。

ART WORK

出版

・雑誌「えくせれんと」内「ほのぼの劇場」 
 http://www.eh-book.net/link.htm

・絵本「インコの手紙」2007年6月21日に経済界より出版! 
 全国書店にて販売中!
・絵本「インコの手紙」2008年7月 第3版出版

・2009年2月14日 宮沢賢治著 あきばたまみ作画の 
「銀河鉄道の夜」源流社より出版!!

・2011年6月 福島県の山「花見山」を舞台にしたお話
 「きんばあちゃんの花見山」出版。 牧野出版

・2012年4月~メディクプレス社 「うちのくすり箱」表紙担当

 http://medicpress.co.jp/index.html

2013 「ひつじのたまご」青根出版 谷川かじか著 あきばたまみ絵
2014 「パロパロとドクターかぶとむし」青根出版 谷川かじか著 あきばたまみ絵
2015 「インコの手紙完全版」経済界 

他はトップ記事にて

カテゴリー
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。