--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-03-31

火事

今週末、ペットカーニバルでもお世話になる、ペットカーニバル主催の 福島民報新聞社が火事になりました…。


火元が まさに担当さんのいる広告局で、夜だったから警備員さん以外に怪我はなかったみたいですが、 書類等が燃えたようです。

5階には ほんとにお世話になってる人から、飲みともだちになってる人もいて、 詳しくは聞かされてないのだけど、 とても心配しています…。

イベントも心配ですが、民報のみなさんが 気落ちしないよう心から祈ります。

全国的に乾燥してますから、火の元には本当に注意して下さいね。

スポンサーサイト
2009-03-29

わんこそば

わんこそば

わんこそば



いや、意味はないですが…。 
2009-03-28

白鳥さんのこと

20090328210408
まだいました♪



白鳥さん♪



うちの そばには 阿武隈川が流れていて、 小さい時から、 おさんぽに、おべんきょうに、家出先?に と 土手を利用しておりました。

そんで、その阿武隈川には白鳥が毎年飛来するの。

いつもは 家から少し下流の窪地?に カモさんたちと固まって、たーくさんいて、去年までは 彼らに餌をあげることができたんだけど、

今年から 鳥インフルエンザを心配して、餌付けが禁止になったのよね


だから、今年は バラけて上流にも下流にもいるのです。

そういえば、小学生の時、羽を怪我した白鳥のフーちゃんを、学校で保護して、中庭で飼ってたんだよね。

そんで、 私は飼育委員会に入って、鳥班のトップだったのです。

なぜなら、フーちゃんが 私に異常になついてしまったから


池掃除の時は 決まって私は 白鳥のフーちゃんの 気をひく お世話係でした


当時から 鳥には 何故か縁があったんす。


それにしても、白鳥さんたち、

白くておいしそう♪

2009-03-26

ペットカーニバル

ペットカーニバル


お知らせでーす。実はかなり前から決まっていたのですが、細かいことが決まらず
告知遅れてすみません。
またまた福島県でのイベントですが、すんごーーい大きなイベントです。
会場もすんごーーい大きいです。東京でいえば、国際フォーラムクラス。
そんで、すんごおおおおくたくさんの、モフモフしたやつがいます♪

他県からも是非、いらしてくださいね。



第4回ペットカーニバル

2009年04月03日(金)~2009年04月05日(日)
時 間:10:00~17:00
入場料:
●大人(中学生以上):前売 1,000円・当日 1,200円 
●小学生:前売 500円・当日 600円 ●幼稚園児以下は無料

私は、この会場内で、わんこやにゃんこの 

パステル画教室をやります。

私のパステル画教室の時間は 
11時半~12時半 (5日だけ変動の可能性あり)です。
基本的にこの教室はこどもさんが中心に参加できますが、今回は、あきばたまみのブースを用意
して、そこに 「インコの手紙」原画展示もしたりして、空いてる時間もきてくださった方、
大人の方でも、みなさんとお絵書きできるスペースをつくります。

会場自体は入場料がかかりますが、入ってしまえば、私のとこはフリーで楽しめます。

その他に、ソフトバンクの白い犬、カイ君が来たり、「Yes,We can」の物まねのデンジヤラスがきたり、犬好きの俳優、照英さんがきたり、ふれあいコーナーがあったり、

動物すきも、そーでなくても、かなあああり楽しめますよ♪

私がブース内にいなかったら、わんにゃんふれあいコーナーをのぞいてください。
絶対いますから。
2009-03-25

何を待っているのでしょう?

カレー


さて、私は、一体何を待っているのでしょう?



1  ごはん


2  カモ


 
3  肉



4  明るい未来


5  幸せという名の幻想


6  捨ててきた過去  


7  帰ってこない男たち
2009-03-25

林隆三さん

林隆三さんのイベントで、銀河鉄道の夜 を売らせていただきました。

ついでにポストカードも。ついでに インコの手紙 も(おほっ♪)。

音楽堂という場所柄、朗読というのは難しい環境にあるにもかかわらず、
堂々とされて、帰り際、「いやあ、本当に勉強になりました。ありがとうございます」
と謙虚に言っていた林さんは、やっぱり芸能界で長く生きていけるスターなんだなと思いました。

押しに押したイベントで、終了後、急いで新幹線に乗って帰ってしまったのですが、
忙しい中、一緒に写真をとらせてもらいました♪

まだその写真をもらっていないのですが、アップできたらいいな。

私の本も2册もらっていただき、本当に林さんは、素敵な方でした。

来てくださった方、本をお買い上げくださった方々もありがと。大盛況でした。
お手伝いしてくれたOさんもありがとね。

帰りはファミレスで、Oさんと、ポストカードを売ったじゃり銭でごはん食べてかえりました。
レジで 20枚近くの100円を出したら、

お、おばさんを見るよーな目つきの、若いおねえちゃんの従業員は気になったけど、

とてもよい日でした♪

最後に、お誘いくださった福島民報新聞のHさん、ありがとうございました。

2009-03-23

明日のイベント

20090323003842
明日は 福島市音楽堂でやる 林隆三さんの 宮沢賢治のお話 朗読のイベントに すこおしだけ お邪魔してきます。

当日、会場では、我が「銀河鉄道の夜」他、 銀河鉄道のポストカードなんかも販売します。

参加無料なので、時間ある方は是非いらしてね。


林隆三と楽しむ「宮沢賢治童話の世界」

場所 福島市音楽堂
開場 14時
開演 15時
参加費 無料
2009-03-22

お墓参り

20090322044212
20090322044204
春分の日にお墓参りにいってきました。

母方のお墓です。父方のは千葉に移動しちゃったので。

母よーこさんといきました。

よーこさんは、おじいちゃん(よーこさんの父で、これまた地元じゃ有名だった要三さん)と、
おばあちゃん(よーこさんの母)と、ひいおばあちゃんの 月命日になると、ごはんを炊き、神棚にお供えしています。そして、じいちゃんの要三さんがよくやっていたという、「よう!」と言いながら、片手を高くあげて、高い位置で敬礼をするという独特の挨拶を毎日かかしません。

すごいなあとよーこさんを尊敬しつつ、私は仏壇には、ウメちゃんにあげるバナナをもらいにゆく時くらいしか、きちんとお線香をあげてないなと思い、敬けんな気持ちでお墓参りにゆきました。

我が家のお墓は小高い丘の上の墓地にあり、福島市を見渡せるとこにあるのだけど、なぜか、
大きいメインのお墓のとなりに小さいお墓があるんだよね。

よーこさんは、そこの小さいお墓にもきちんとお線香をあげ、お参りしてるので、
帰り際、私はあのお墓は誰の?と聞きました。

するとよーこさん、大真面目にこう言ったのです。


「知らん」


どうも家は、知らんお墓も、うちの枠内にあるからと、きちんとお参りするよーです。
ま、悪いことじゃないからいいけどさ…。


そんなよーこさん、バリ島に行きたいんだと。
今年は連れていってあげれるよーに、
私はじーちゃん、ばーちゃんにお祈りしてきました。
って、行動しないとね…。

春が来た感じでしたよ。
2009-03-20

睡眠のすすめ

うちのウサギのウメはよく寝る。

そして、最近は、ウメを見習って?私もよく寝ている。 

お昼寝も含めて今年に入ってからは、日に8時間は寝ている日がおおい。

イベントや打ち合わせ、締めきりがある時は、人間のやることじゃないくらい寝ない。

っていうか、寝れない。まあ、その反動って訳でもないんだけどね。

母からはちょっと前までは、「いつまで寝てんの?」と小言を言われていたが、最近
は諦めたのか、言ってこなくなった。


日本人は特に、長く寝ることに対して否定的な人が多い気がする。
寝てばっかの人は、ぐうたらのイメージがあるのだろうか?

でも私は、やることやってれば、どんだけ寝ても構わないと思う。
ってか、むしろ、もっとみんな寝るべきだとさえ思う。


寝れる環境がある=寝ていい時 なのだと思う。

長い人生の中、寝れる環境にある時がどれだけあるのかを考えると、
今はあきらかに寝ていい時なんだと思って、寝てしまう。

そこに罪悪感を感じることはないのだと思う。

なので、私に電話して、あきらかに寝ていた感じの声で話し始めても、怒らないでください。

お仕事は必ず期日を守りますから。って、いつも守ってますから(大真面目)。




2009-03-18

今必要なのは

1

今、重ねなければいけないのは…


2

不安や 心配よりも…

3

とにかく すいみん!


おやすみなさいzzzz
2009-03-17

林隆三さんと宮沢賢治のイベントに

今度の月曜 3月23日(月)に、福島市音楽堂で催される


林隆三と楽しむ「宮沢賢治童話の世界」

という、イベントに参加させてもらうことになりました。

俳優、林隆三さんが、宮沢賢治の童話をトークや、ピアノ弾き語りも交えながら、
朗読するイベントです。
 
福島民報社レディースクラブ事務局主催の、
民報レディースクラブの最終例会をかねた公演ですが、一般の方でも参加できるそうです。
参加費無料ということなので、お近くの方は、是非ご参加くださいませ。
ご参加希望の方は、私のとこまでメールくださいね。

私は、どこでどうするかまだわかりませんが、本の売り子はやることでしょう(汗)。


「マッチを買ってください」

ではなく、

「銀河鉄道の夜を買ってください」と、ホワイエあたりで、か細く叫んでいるのがいたら、

それは私です。

ダンディーな林隆三さんにお会いできるのが、今から楽しみです。  おほっ♪


詳細
時: 3月23日(月)
場所: 福島市音楽堂 
時間:14時受付開始  15時スタート  16時40分終了予定
参加費:無料
問い合わせ 民報レディースクラブ事務局(福島民報社広告局)024-531-4153

ここのサイトみてのお問い合わせや、予約は 左のHP側の表示の 「to たまみ」までメールくださいな。


2009-03-14

あったかい窓辺

あつたかい窓辺


早くこんな風に、窓からお外の花を眺められる日がくるといいですね。

(私は、木曜に福島に帰ってきたのですが、以来、ずーっとこたつの中から動けません…。)



あっ、これは、最近頼まれて描いた作品ね。

あるご家族の新築祝いにプレゼントされるんだそーな。

ご家族があったかい気持ちになれますように。


2009-03-13

紀伊國屋さん

20090313161003
東京は 紀伊國屋 南口店 (東急ハンズ新宿店の奥)2階に、我が「銀河鉄道の夜」 並んでましたよー♪

一冊前に飾ってきたり、東京でも 小細工隊してきました!

八重洲ブックセンターとかにもあったよん。 東京の方は是非 探して下さい。 絵本コーナーの前で、おかしな動きをしてるのがいたら、かなりの確率で それは私です…。
2009-03-10

夢の国から現実へ

20090310133014


夢の国にいってきました。
夢の国はかなり商売っ気がつよかったけど、楽しかったです。
20090310133020


そして アラビアにもいってきました。


お泊りしたところも 夢の国の近くの夢のホテルで、私の部屋は カエルさん部屋でした。
20090310133213




さあ、今日から 打ち合わせの山です。
実は、もう次回作の原画はできていて、出版社も決まってるんですが、 メインの絵の一部に オッケーがなかなかもらえなくて、何度も描きなおしています。 少しずつオッケーに近付いてるので、早くまたいい報告できるように頑張りますね。

東京は今日はあったかくて、早咲きの桜が咲いていました。写真はお台場の桜。

20090310134023
2009-03-08

東京へ

20090308091215
久しぶりの東京。

今回は 、打ち合わせもたんまりだけど、


今日は少しだあけ 遊んじゃいます



うしししし。
2009-03-06

うめちゃんのパン

20090306033202
いや、ウサギにきっと、パンはあげちゃだめなのはわかっているんだが…。

食パンだし、大好きだし、と思って、ウサギのうめちゃんに与えてしまっているのが 

この写真のパン。


ええ、銘柄指定です。

少し高いけど、これが一番ふわふわしてておいしいんざんす。

安くて固いパンには見向きもしないうめちゃん。 

まあ、お医者様からいただいた、元はかなりのセレブうさぎですから、これくらい仕方ないのか…。
いやいや、甘やかしてはいけない…。
何か、いつもそんなことを葛藤しているのですがね(汗)。


まあ、とにかく、あきば家では、これを

「うめちゃんのパン」

と呼んでいるのだ。


ある朝、私が台所にゆくと、いつもの 「うめちゃんのパン」があったので、
それにバターを塗って、コーヒーと共に食べていた。すると、

母よーこさんが起きてきて、その光景をみて、声を大きくしてこう言ったのだ。

「だめだで、それはうめちゃんのパンでしょ!あんたのはこっち!」

母よーこさんが指差したのは、6枚切り150円の安くて固いパンだった…。


いやいやいやいや…  おかしいでしょ、それ。

すると、よーこさんはすかさずいう。

「だって、あんたは何でも食べるけど、うめちゃんはこれしか食べないんだから、
仕方ねえべした」


……。

雑食とグルメの違いということか…。

まあ、うめちゃんも結構のお年だし、節制するより、好きなものを食べさせてあげたいなと思うが、


人として、私の食事がウサギに負けるのは嫌である。


結局のところ、一番うめを甘やかしてるのは、母よーこさんなのかもしれないんだけどね。

ということで、家には、2種類のパンが常備されているのです。

ウメ用と、人用と。










2009-03-06

プレゼント本とインコちゃん

プク


先日の「銀河鉄道の夜」出版記念プレゼント本に当選した方から、

先日、こんなお写真をいただきました。


うーん、かわいい!
すごく貫禄がありげな目線ですが、これで興奮されているんだそうな。

ちなみにインコの手紙は、ご希望でお買い上げいただいたもの。

ありがとうです。これからもよろしくね♪


2009-03-05

レジわきに

20090305022603
福島市にある、

西沢書店 本店

では、な、なんと、レジ脇に 我が「銀河鉄道の夜」が 飾ってありました!

ありがとうございます


2009-03-04

小笹さん

20090304124617


20090304124604


20090304124613


こないだの日曜に おともだちと いわき に ある

「アクアマリンふくしま」

に行ってきた。

ええ、水族館です。


こんな イカツイやつとか、
20090304124620


貝も呆れる やる気なさの、 ずーぅぅっと動かないこんなやつとか、

20090304125815



妙に私の心を掻き乱すやつらが いたのだが、
そんな彼らよりも とてつもなく強烈だったのが、




小笹さん。



ただのおっさんである(失礼



でもただのおっさんではなく、


小笹さんは、とてつもなく おもろい駄洒落のきく、
「 水族館の裏側を見せるツアー」の説明員なのだ。

水族館も後半の展示に差し掛かった時に、小笹さんとは出会った。
「水族館裏側を見るツアー」の呼び込みの隅で、彼は、 このツアーは無料かどうかを聞いてきた 幼い女の子に説明していた。

「このツアーはね、美人な人と、かつて美人だった人と、これから美人になる人は みーんな無料なんです」


この台詞を聞いた時から予感はしていたが…。それは的中。 それからというもの、

ツアー中 ずっと、きみまろもびっくりの量でもって、 小笹ギャグは炸裂

例えば…

小さな階段への注意をうながすときは、

「この先に小さな階段があります。 この階段、不思議な階段でね、 下に転んでも 上には転べない階段なんです。注意してください」

と言ってみたり、


剥製のアザラシに触れられることを説明する時は、

「このアザラシ、すべすべの毛並みなんで、是非触ってほしいんですが、女性のみなさんにお願いします。 女性の方だけですが、アザラシに触ったら、 アザラシの上に手を置いている 私の手も是非触ってください」

とか言うし…、

カメラの撮影の注意を促す時なんかは、

「このツアー、カメラでどこを撮っても大丈夫です。ただ、一つだけ 撮ってはいけないところがあります。

それは私の顔です。 これは高いですからね、気をつけて下さい」

と、まさかの往年のギャグを言っちゃうし…。


しかし、この小笹さんのすごいとこは、たとえ そのギャグが滑っても、
KYな空気が漂う前に、


「さっ、いきましょ。」

と 次の説明に入り、全然めげない というか、滑った時の逃げを身体で習得できていることだった。


すげー!


多分、お風呂入りながら、たくさんたくさん考えて、孫相手に何回も何回も練習したんだろーな。


なんか 定年迎えた後の生き甲斐をみつけたみたいで、 ほほえましかったです。

頑張れ。小笹さん。


あっ、でも 途中で買ったカレーラムネは 最悪でした

20090304125811
カテゴリー
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。