2007-04-27

うさぎちゃんケーキとともに

20070427234106
今日は とりあえずであるが事務所常勤最終日。うさぎちゃんのケーキとワインで 社長、スタッフさんたちと ごはん食べました。来月からは 絵に集中の生活になります。福島へは 今進んでる絵本の入稿が終わったら一旦帰る予定。
これからが勝負! これからも宜しくお願いします。
2007-04-27

20070427003105
こないだ、事務所に 食にこだわりのある会社の社長さんが来て とんでもなくおいしい お野菜やお肉をふるまってくれた。
もー、ほーーんとにおいしかったあ!
素材自体を切って 焼くくらい。
本当においしい素材は調理の必要がないんです!
社長さんや奥様の肌つやや、目の輝きをみていると、おいしいものは人を幸せにするって実感!おまけに同郷福島の方だっていうから、ちょっとうれしい。帰ったら絶対遊びにゆくのだ!
トントロにミネラルたっぷりのお塩 をつけて食べたり、たまねぎなんて 冗談ではなく、レタスみたいにバリバリ生で食べちゃった。
写真は○○組も買い占めようとして断られたり、果物やケーキで有名な○○屋も 喉から手が出るほど欲しがった いちご。一つ一つ紙でくるんでありました。

2007-04-24

姪っ子 甥っ子

20070424004304
うちの姉には3人も子がいる。
私がたまに帰ると 上の二人は ちょっとした小惑星のように私の周りをくるくる まわる。
一番上の姪は今年小学校入学した。彼女がまだ東京にきたことがなかったころ、彼女は私がかつて個展をした福島テルサの前を通るたびに

「あっ、東京だあ!」
と叫んでいたらしい。
「このビルは東京じゃないのよ」
と姉が何度言っても
「あっ、東京、東京!」
と言って 憧れのまなざしを送っていたそうな。 きっと田舎の彼女たちには、私は「憧れの東京のおねえちゃん」なのでしょう…。
こんなんですんません!

写真は私ではなく、一番下の甥っ子。将来はモデルにします!


2007-04-22

ぽんぽん桜

20070423000316
事務所の下の道に八重桜が咲いている。ソメイヨシノもきれいだけど、幾重にも花びらが重なって 色も艶やかな桃色の八重桜はやっぱり好きである。花がぽんぽんしてるから 私は昔から八重桜を「ぽんぽん桜」と呼んでいる。
そういえば、インコのキクも ぽんぽん桜の根元で眠っている。もしかしたら今年はキクと同じ黄色いぽんぽん桜が咲いてたりしてね。
ぽんぽん桜から若芽に変わるこの時期、好きな季節です。
2007-04-18

テングザルとモスク

天狗ザルとモスク

テングザルとモスク

こないだ行って来たブルネイにいた、お鼻のながーいお猿さんと、イスラムの祈りの場、モスクの絵でっす! マングロ-ブの森は本当に神秘的でした。丸い種が水に落ちて、芽を出して木になるの。自然ってすごい!!
2007-04-18

またまたまたギャラリー

バレンタインわんこ

バレンタインわんこ


バレンタインにゃんこ

バレンタインにゃんこ


りすさんのケーキ

りすさんのケーキ


わんこのハンバーガー

わんこのハンバーガー

2007-04-18

またまたギャラリー

エレファントラブ

エレファントラブ

ひつじの降る森

ひつじの降る森


花ぼうし

花ぼうし


さいならワンコ

さいならワンコ
はなたれ犬

はなたれ犬


2007-04-18

ギャラリー

くじら

虹色くじら

ぞう

太陽とぞう

くまさん

くまさん、まってぇ…


明日

明日


うさぴょん

うさぴょん
2007-04-15

富豪の妻

こないだ、雑誌の占い特集で 自分の前世を占ってみたら、私はなんと、

「富豪の妻」

だった。

誕生日で割り出すらしいのだが、この富豪の妻は幼いころから総明で美しく、年頃になると数人の男性から求婚され、一夫多妻の国で、あまり妻の数が多くない富豪の元へ嫁いで、生涯愛されたということだ。

ブルネイに縁があるのはこのせいかと思うが、その他は何の共通点があるというのか…。
お金の使い方があまりわからんことくらいかな…。それとももしかして、やっぱり今後富豪と結婚するんかな??

ちなみに友人は「風水師」。中国で活躍していた風水師、実力はあったが、いい加減。死に際は、国家の大イベントの真っ最中に 不倫相手の家で突然死したそうな。迷惑やなあ!

まあ、それよりはいいか。 
2007-04-13

びっくり写真2

たまみ5

あなた、鼻毛伸びてますよ。


たまみ15

ねえ、今日は大根特売日だったっけ?


PHOTO: NAHOKO ANDOU
2007-04-12

贅沢なお茶

お茶

最新作です。
2007-04-11

ギャラリー 和紙シリーズ

鳥

Title: 鳥

あざらし

Title: あざらし

うさぎ

Title: うさぎ

ろば

Title: ろば


いぬ

Title: いぬ


ぶた

Title: ぶた

2007-04-11

ギャラリー 季節のある絵

お正月

つる

Title: つると朝日



夜桜わんこ

Title: 夜桜わんこ

春の川辺

Title: 春の川辺


若葉の季節

グロース

Title: グロース

いきなりクリスマス

クリスマスの再会

Title: クリスマスの再会


クリスマス

Title: ネコとクリスマス
2007-04-10

わかりました。

4/7 のブログの 「アーティスト写真」。

これは トリックだとか、CG だとか、方々から言われるので、カメラマンさんに失礼のないようにタイトルだけ変えました。

これで文句ないでしよ~!!
2007-04-08

あきばたまみコンセプト

ロバ


私は「 ちいさい いのち 」をテーマに絵を描いたり、曲にして歌ったりなどの活動をしています。
例えば みなさんの食卓にあがる さんま。特に秋の味覚として何気なく食べているけれど、
よく考えてみると、彼らにも昔 いのちがありました。青い海の中を生きるために一生懸命泳いでいたはずです。 それを食べるのは かわいそう というのではなく、その大切ないのちをいただいて 私たちは自らのいのちを育んでいるんだという意識と、感謝の気持ちを、加工食品などがあふれてわかりづらくなってしまった現代で、もう一度確認したいなあと思っています。


犬や猫、鳥などの動物はもちろん、雑草やアリも生きている。どーんなに生きている意味のわからないようなちいさい生き物でも、そのいのちに気づいてあげる。
道端の小さな花に気づいて、何か幸せな気持ちになったことありませんか?
そんな彼らに出会ったら、その存在に感謝し、大切にする。そして、周りにやさしくして助け合う。そんなつながりが世界に広がってゆけばいいなと、私はそう思って制作しています。

今年、経済界出版社より「インコの手紙」という絵本が出版されます。 それを皮切りに、その絵本をもって 日本はもとより、世界中の子どもたちの前で、一緒に絵を描いて、紙芝居をして、歌を歌って「いのちを大切にしたいね」という気持ちになるような活動をしてゆきたいと思っています。
少しでも、不条理に消えてゆくいのちがなくなり、
子どもたちが何かに気づき、前向きに、幸せになってくれれば、また、そういう世界を築きあげられる大人が増えていってくれればと、そう祈っています。

あきばたまみ
2007-04-08

ちょっとずつ写真アップ

たまみ6

ありんこをみていました。 


たまみ19

電柱のスズメをみていました。

たまみ4

犬の「落とし物」をみていました。


PHOTO: NAHOKO ANDOU
2007-04-07

びっくり写真

たまみ3


こないだ、写真家でデザイナーの友人、安藤菜穂子さんにお写真をとってもらいました。

これはもう、カメラマンのマジックです。あんちゃん、ありがとー。

いっぱい写真アップするねー。
2007-04-06

ほのぼの劇場

私が一年くらい連載をさせていただいている雑誌「えくせれんと」がネットで紹介されています。

その名も「ほのぼの劇場」。

作った本人は頭ぼさぼさにして、ほのぼのとはかけ離れた状況でいつも提出するのですが、読んでいただいた方に ほのぼのしていただけたらいいなあと思います。

数年にわたってあたたかく見守っていただいたEH株式会社の方々にも深く感謝します。
もう少ししたら、プロフィールにも載せさせていただきます。

http://www.eh-book.net/link.htm
2007-04-06

出発進行の春!

前回のブログで説明不足のところがあって みなさん、ごめんね。

私ごとなのですが、ゴールデンウィークあけたら、東京から、実家の福島にお引越しします。
せっかくいろいろ決まってきたのに何故?と思われるかもしれませんが、決まってきたからこそ、今度は自分のやりたいことを、もっと自由に、自分の責任のもとにやりたくなったのです。
あと、実家の犬のポポをどうしても洗いたくなったから(←本当)。臭いんだもん、だって。

高校卒業して東京に出て来た時は、アイドル歌手になりたかったから(笑うな!本当じゃ!)、東京にいなくてはいけないと思っていたけど、絵描くようになって、特に最近は、どうしたら、もっといい作品が創れるかと考えた時に、自分の精神的なことも含めて もっと自分でよりよい環境を作らないといけないなと思ったのです。

私の中で、プロとアマチュアの違いは 自分の作品に責任がもてるかどうかだと思っています。それならば、自分の精神をコントロールすることも作品に責任を持つということの重要パーツだと思うのです。

それにこんだけ周りの方々にレールを敷いていただいたんだもの。これからは自分で列車を動かしていかないと。
 
今の私の環境はとてもあたたかな「いい環境」です。
でも、これからの自分に「必要な環境」。その中に、東京にこだわる必要はないなというのが私の答えでした。

とはいえ、絵本も出ることだし、東京には月1、2回のペースで出て来るので、あまりかわんないの。正直、先のことは考えてないから、いつ東京に戻ってくるとは言えませんが、
たまみんぽうは どこにいても継続するし、ライブも続けます。だから、安心してね。

出発進行の春。

あらためて、今まで支えてくれた たまみんぽう読者のみなさん、風音色株式会社の宮崎社長、スタッフのみなさん、関連会社のみなさん、ウサギのうめちゃん、インコの故キクちゃんには本当に感謝しています。
これからが勝負!!
引越しまでもう少しありますが、またご指導のほどよろしくお願いします。
2007-04-04

桜雨

桜が咲きましたね。 
毎年私は桜が咲くと、九段下の皇居のお堀のまわりの緑道に花見にゆきます。すーーーーんごい綺麗なの。

中学の時、「桜は、寒い時期に幹を切ると、赤い汁が流れる」と国語の教科書に載っていたのを思い出します。
一見すると血のようで、だから、余計に桜は 不思議な言い伝えとか残ったりするのだけど、桜は毎年、寒いうちから、春の花のために色素を貯えておくんだって。
寒ければ寒いほど、翌年の桜は紅が濃くなるそうな。

ほんとにすごいと思うんだよね。どんな辛い状況でも、春になると約束果たしたぞと言わんばかりに、必ず すんごい花を咲かす、あの力。

毎年、桜をみると、「おーし、今年もがんばるぞー」と、やっと年が動き出したような気持ちになるのです。
 
来月、十数年暮らした東京を離れます。 
2007-04-03

足から妊娠?

足から妊娠したのか?

と思うくらい左足が腫れた。本当に何かがうまれるのかと思った。

何故かはわからない。
今日、病院に行ったら、レントゲンは撮ってもらったが、

「炎症でしょう」とだけ言われた。

お医者さんににこにこしながら言われたから、その時は何も思わなんだが、
よく考えると、腫れてんだから  炎症なのは当たり前じゃろ!

会社の人に言われた「それは あれだね、みんなの思いがあきばの足に表れたということでしょう」と。

あぶり出しか何かで、きっと「インコの手紙 ベストセラー」という文字が出て来るに違いない。

頑張ります!ほんと、頑張りますからぁ!
2007-04-01

肥えた羊

今日、ともだちと渋谷でごはんを食べていたら、まどから こんな看板が見えた。

「中国火鍋料理専門店 

 小肥羊 」


読み方は 「しゃおふぇいやん 」というらしいが…。火鍋料理って何?そんで、 小肥羊って、直訳するとやっぱ、あれかね…

肥えた小羊?

生々しい。


カテゴリー
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる