2005-11-27

カラオケ大会

20051127120307
こないだ、新宿コマ劇場でのカラオケ大会にでた。アグネスチャンさんが司会で、遠藤実さんが審査委員長、ほかにも内舘牧子さんや 湯川れい子さんという そうそうたる審査員の中 大会は行われた。もちつき大会ならお得意だが、こんな大舞台、出させていただけるだけで 胸いっぱいに腹いっぱい。いろんな意味でいっぱいいっぱいだった。出場者は5000人から選ばれた方々ばかりで みな「くそ上手い」。ゲストも演歌の方が多かったが みな「くそくそ上手い」…。そんな中、トリに近い順番で歌わせていただいた。スモークは出なかったものの、この異様な雰囲気の中 異様なあきばたまみが登場。あっという間に異様な感じで終了した。
結果は惨敗…。あんなに大きなステージでモニターがなくて 自分の声が聞こえなかったのもあるが、出場者の異様なまでの気迫と会場の雰囲気に負けてしもうた。声が裏返ってしまったわ。しかし、はじめて見たよ。ステージがせり上がってきて その上で歌う人。
情けない…。関係者の方々ごめんなさい。やはり楽して何かは掴めんのう。写真は一緒に出た 石井君
2005-11-19

夜中1時の虫の声

20051119030351
「ガガガガガガガ」ペットのキクの鳴き声ではない。かといって誰かのイビキでもない。ただいま 夜中の1時。うちのアパートのはす向かいにある建設中のマンションの前で ガスを引くためのガス工事をしている…。ドリルの音だ。もう一度繰り返すが 今は夜中の1時。
明日 私は6時起き。このマンション工事、朝7時から仕事を開始する。土日もない。ドリルの音も腹が立つが、それ以上に 鉄パイプを明らかに乱暴に地面に投げつける音がたまらなく腹立たしい。
犬でさえ 主人の前ではオナラをしないという このご時世で 彼らには「気をつかう」という 行動ができないのじゃろか?
前 住んでた家で、ある日 帰宅すると、私の部屋に隣接していた空き家が、きれーさっぱりなくなっていたことがある。大掛かりな引田天功マジックかと思った。 天功さんはずいぶんシュールな場所を選んだもんだ。インコのキクはその日 挙動不審で、声かけしても、自分の周りをクルクル回るばかりであった。
次の日 朝9時。
「ガガガガガガガ」
びっくりして飛び起き、部屋の窓を開けると、そこにはなんとジャイアント馬場が巨大化したようなサイズのショベルカーが カマを振りかざしたカマキリのようにこちらを向いていた。天功さんの仕業ではなく、近隣住民に何の予告もなく始まった解体工事であった。よく見ると、隣接していた窓にはヒビが入っていた。私が見たカマキリは後始末の日であったから、実際に解体した日は とんでもない騒音だったに違いない。何が起こっているかも知らず、ただ その恐ろしい音を聞くしかなかったキクはさぞ 恐怖であったろう。クルクル回るわけだ。
管理会社に電話して すんげー怒ったのを思いだした。今夜の工事も、やっぱり文句言ってこよう。
ってか、明日、管理会社に電話してやる。「ペットが眠れないのでやめてください!」と。

ホトトギスではないが、「鳴くのなら潰してしまえ、ホトトギス」 あたしを怒らせると恐いんじゃ!眠いんじゃあ~
2005-11-11

横山やすし似?

200511111930074
200511111930072
20051111193007
昨日は私のレコード会社社長のお誕生会だった。プレゼントに社長の似顔絵を描き、ケーキの上にのせる紙粘土人形まで作った。
写真が 絵と人形。紙粘土は 当日朝まで制作していたので 全く乾く兆しがなく、仕方ないので オーブンで焦げ目がつく手前まで焼いてみた。しっかし どうみても横山やすし…。
黒いメガネはかけてらっしゃるので 仕方ないが、んー、きっと赤い蝶ネクタイが妖しいんだな。
飲んで酔っ払って、はあ、いい一日でした。

2005-11-09

ネギも?

20051109200321
写真は近所のスーパーの横に積んであった箱。最近はモーツァルトの曲がボケに効くと言われてたりするが、ネギも効くんじゃろか?
2005-11-04

素肌美人の素

200511042012082
20051104201208
最近、肌の調子がひじょーによろしい。睡眠時間はおそろしく少ないが、うむ、嬉しいことだ。
その原因のひとつは ヒジキ である。近くのスーパーで 売っているフリーズドライのヒジキサラダをほぼ毎日食べている。水に浸すだけで ドザエモンのように ヒジキ やら 人参やらコーンやらが10倍に膨れ上がり、そのまま水を切って ついているゴマドレッシングをかけて食べられるのだ。インコのキクは人参が好きなので 一緒に食べられるのも魅力の一つだ。200円で美肌とキクとのコミュニケーションが買えるのだ、安い安い。
それからもう一つの原因は、近所にあるナチュラルローソンでみっけた 「アレッポの石鹸」。キャラメルのジャイアント馬場クラスの大きさで、ケースもなく、見かけは極めて粗忽。しかしこの石鹸、ただものではない。 何故なら、「粘る」のだ。石鹸をこすると納豆さながら糸をひく。初めは腐ってるんかと思った。目に入るとおそろしくしみる。粘ってしみるのだ、何かあってもおかしくはない。アレッポという名も何かありそうだ。
そのとおり、これを使いはじめてから 肌がツルツルだ。うそです。年も考慮するなら 「ツル」くらいだ。そういえば 死んだじいちゃんもハゲ頭にこんなキャラメルみたいな石鹸すりこんでいたっけな。
とにかく私、今、肌の調子がよくて 上機嫌。私に何か頼むなら今のうちです。
写真は 残念ながら私ではありません。これでも手袋なのよ。うふっ。
カテゴリー
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる