--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-09-26

危険なやつ発見!

20050926213909
こいつの中には何が入っているのじゃろ? 「ぷはぁ」っと 臭ーぁい白い粉みたいなやつが出るに違いない。もしかしたら 小泉政権に対する反論や、何か重大な秘密、または、旦那のグチのようなもんを 夜な夜な吐き出してるのかもしれぬ。 見ようによっては、おべんとに入ってるタコウィンナーのようにも、おめめをつけて、てるてるぼうずのようにも見えないことはない。「将来の夢はパイロットです」とか可愛いことを言ったりしてるかもしれない。世にもかぐわしい香りの果物かもしれない。…いやいや、やっぱり こいつは そんな可愛いらしいもんではないだろう。
危険である。絶対に危険な植木だ!!こんなものが近所にあるなんてぇぇ!

疲れています…。
スポンサーサイト
2005-09-24

お久しぶりの日記

20050924172412
お久しぶりの日記。
たまみんぽうのサーバーがダウンして以来、エッセイが見れず、皆様にはご迷惑おかけしました。今回からブログにて復活? あまり おもろい文章にこだわらず、生あきばをお伝えします。よろしく。

っうことで、祭日の今日は 本屋へと次回のイラストの参考本を探しに出かけました。イラストのお仕事?で、徹夜→仕事→バイトという恐ろしい水曜日のおかげで、お休みだった昨日は インコのキクにつっつかれようとも、ウサギのウメにひっかかれようとも、負けることなく爆睡。さすがに今日は寝て過ごしたくなくて、お掃除のあと、のっそりお出かけです。 向かった先は表参道クレヨンハウス。たくさんの絵本を チビッコたちのとなりで 読みあさった後、カフェで一息。ここは友人のはやちゃんとみつけた隠れ家カフェ。出すものは全てオーガニックのもので 今日も座ったテラス席は 都心とは思えぬ静かさで すごーくゆっくりできます。写真は抹茶豆乳と豆乳マフィン。幼いころ、母陽子に身体にいいんだからと無理やり飲まされた青汁のおかげで体調を崩して以来、緑色の飲み物はどうも苦手だった私。抹茶の味を知った時は、虫が初めてお空を飛んだ時のような大人への開放感と、一瞬の静寂に包まれたもんでした。そんな抹茶豆乳を堪能しながら、夕方になると テープかけてんのじゃろ?といいたくなるような 絶妙のタイミングで流れてくる虫の声を聞き、贅沢な時間を過ごしたのでした。 あっ!インコのキクちゃんの ウンチがこんな場所に…。そろそろ現実に戻らねば。
2005-09-19

携帯からテスト

来月からヨロシク
2005-09-18

テスト

大きい文字
テストなんです
本はここから買えるよ
グッズ販売
プロフィール

あきばたまみ

Author:あきばたまみ
絵本作家

福島県福島市出身 11月23日生まれ 射手座 A型

「ちいさいいのち」をテーマに絵を描いています。

大学卒業後、NYに行く。帰国後、インディーズにてCDをリリース。コミュニティーラジオのパーソナリティーを務める他、都内でライブ活動展開。2001年からは本の表紙を手掛け、個展を開くなど、イラストレーターとしても活動開始。

ART WORK

出版

・雑誌「えくせれんと」内「ほのぼの劇場」 
 http://www.eh-book.net/link.htm

・絵本「インコの手紙」2007年6月21日に経済界より出版! 
 全国書店にて販売中!
・絵本「インコの手紙」2008年7月 第3版出版

・2009年2月14日 宮沢賢治著 あきばたまみ作画の 
「銀河鉄道の夜」源流社より出版!!

・2011年6月 福島県の山「花見山」を舞台にしたお話
 「きんばあちゃんの花見山」出版。 牧野出版

・2012年4月~メディクプレス社 「うちのくすり箱」表紙担当

 http://medicpress.co.jp/index.html

2013 「ひつじのたまご」青根出版 谷川かじか著 あきばたまみ絵
2014 「パロパロとドクターかぶとむし」青根出版 谷川かじか著 あきばたまみ絵
2015 「インコの手紙完全版」経済界 

他はトップ記事にて

カテゴリー
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。