--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016-04-11

3月25日 NY ジャピオン

12794627_982440118503865_6821011260236939093_n.jpg

NYの友人からこんな画像が!

インコの手紙完全版、アメリカニューヨークの紀伊國屋書店で取り扱いがあるとのこと。
そして、日本語生活情報誌「ジャピオン」に紹介されてるとのことです。

ニューヨークの皆様、よろしくお願いします!
ひろみさん、ありがとうございます(*^_^*)
スポンサーサイト
2016-03-26

ももちゃん、アフリカデビュー

12832465_1006682596045445_7284539636168366714_n.jpg

知り合いの本田さんが、きんばあちゃんの花見山 を、ルワンダのウムチョムィーザ学園に寄贈くださいました。 
ももちゃん、アフリカデビューです。
2015-12-14

7月3日  アヤソフィア

11703103_844371265644085_6223376534708918628_n.jpg

トルコのアヤソフィアの中にいたにゃんこ。

キリスト教がこの地で生き残るために、イスラム 教を受け入れ、キリスト教の教会とイスラム教の モスクが共存している世界で唯一のたてものだ。

このにゃんこ、野良なのだそう。食べものだっ て、毎日たらふく食べられる環境にはないのかも しれない。

でも、このにゃんこは、たぶんこの生活を受け入 れている気がする。

「諦めている」のではなく「受け入れている」。

そして、その受け入れた環境の中で、精一杯自分 が幸せになれる選択をしている気がする。 ここに座っていたら、絶対可愛がられるしね。

キリスト教がイスラムを受け入れたこの建物みた いに、「受け入れる」は、一番大変なことかもし れない。
2015-09-30

イタリアトルコ旅行記 まとめ ミラノ、ベネチア編

ミラノのドォーモは男性的なゴシック様式。
ドォーモ前の広場で、不思議なパフォーマンスをみたあと、鳩の落とし物を浴び、ミラノ在住の玉井さんとディナー。私よりはるかにお年上の彼は、 昨年ミラノへ移住し、葛藤しながらも、人生にチャレンジしていました。人生いくつになってもチャレンジしていきる人生に深く共感。

海外にいくと、いつも異国で頑張っている日本人から力をもらいます。玉井さん、ありがとうございました。
あと、ミラノでは、駅にアップライトピアノがあって、だれでも弾けるようになってました!
すてきなことです!

翌日のベネチアでは、ホテルがダブルブッキングでとれてなくて、何にもみないまま、フィレンツェへ戻りました。ゴンドラや、サンマルコ広場を楽しむ方が多い中、滞在4時間、うち、ホテルのおっちゃんと 2時間喧嘩できたベネチア滞在も、いまでは素敵な旅の思い出です。
11162475_809652022449343_5301079341433853777_n[1]
ミラノのドォーモ

11150338_809663785781500_5440176524687000188_n[1]
ドォーモの前のパフォーマー。

11150742_809663402448205_4158799239943863437_n[1]

10407992_809664059114806_2104411548213661528_n[1]
泊まったホテル。きれいでした。

11156160_809664582448087_2512814382168444479_n[1]
ホテルからみた中庭。


11148553_809664979114714_6424493749166871339_n[1]
ミラノの駅にはだれでも弾いていいピアノがあります。

ここからベネチア


11169901_809666235781255_637758687428930550_n[1]
フィレンツェに帰ることをきめた写真

11181206_809665595781319_8615910361152435745_n[1]
泊まれなかったホテル! 一生忘れない

11178287_809666119114600_9021858519326628866_n[1]
ベネチアの駅前のお店。

2015-09-30

イタリアトルコ旅行記  まとめ  フィレンツェ編

フィレンツェはすごく美しくて大好きな街です。
観光客がたくさんでしたが、観光客のために、街が作られているのではなく、
昔からある素敵なフィレンツェの歴史の中に、うまく観光客を取り込んで、彼らに街を知ってもらい、経済を潤している。また、英語ができる方がたくさんいて、助かりました(^o^)。
建物が違うので、福島でどこまでできるかはわかりませんが、海外の方にたくさんきていただくために、彼らを不安にしないよう、やはり英語できる人が増えたらよいなと思いました。

フィレンツェ郊外のたまえさんちは、天井に壁画があり、暖炉がある、素敵な一軒家でした。
二回もディナーをご一緒させていただきましたが、
チーズと一緒に生のインゲンを食べる習慣があるのには驚きました。
また行きたい街になりました。

11146249_806485102766035_5239147600313003766_n[1]
町の真ん中にあるメリーゴーランド

11138630_806491676098711_5482626474537924097_n[1]
夜のメリーゴーランド

11149512_806485429432669_1501502682642744256_n[1]
チョコレート屋のショウウィンドー。

10985175_806488086099070_3332358604201652732_n[1]

11037557_806488422765703_8239214080199611345_n[1]
11061242_806487166099162_7468692671402461177_n[1]

11124480_806486266099252_7175995358733427725_n[1]
友人宅で食べた生いんげん。チーズには生いんげんらしい。

11060452_806485946099284_6425704703540798458_n[1]
友人宅での夕食

11008441_806485649432647_1286641948709114900_n[1]
友人宅の天井

11149314_806485786099300_6916369343742555754_n[1]
暖炉もあったぞ

本はここから買えるよ
グッズ販売
プロフィール

あきばたまみ

Author:あきばたまみ
絵本作家

福島県福島市出身 11月23日生まれ 射手座 A型

「ちいさいいのち」をテーマに絵を描いています。

大学卒業後、NYに行く。帰国後、インディーズにてCDをリリース。コミュニティーラジオのパーソナリティーを務める他、都内でライブ活動展開。2001年からは本の表紙を手掛け、個展を開くなど、イラストレーターとしても活動開始。

ART WORK

出版

・雑誌「えくせれんと」内「ほのぼの劇場」 
 http://www.eh-book.net/link.htm

・絵本「インコの手紙」2007年6月21日に経済界より出版! 
 全国書店にて販売中!
・絵本「インコの手紙」2008年7月 第3版出版

・2009年2月14日 宮沢賢治著 あきばたまみ作画の 
「銀河鉄道の夜」源流社より出版!!

・2011年6月 福島県の山「花見山」を舞台にしたお話
 「きんばあちゃんの花見山」出版。 牧野出版

・2012年4月~メディクプレス社 「うちのくすり箱」表紙担当

 http://medicpress.co.jp/index.html

2013 「ひつじのたまご」青根出版 谷川かじか著 あきばたまみ絵
2014 「パロパロとドクターかぶとむし」青根出版 谷川かじか著 あきばたまみ絵
2015 「インコの手紙完全版」経済界 

他はトップ記事にて

カテゴリー
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。