2016-08-10

8月9日 HAPPYBOX762  くじら

13912805_1075669859180890_4856144557887959193_n.jpg

福島コミュニティー放送
エフエムポコ (FM762)
HAPPY BOX762 火曜日担当は私。
朝10時から放送。

放送圏外の方でも、ホームページからきけます。

http://www.fm-poco.co.jp/

(音をきくときは、右上のサイマルラジオのプレイボタンをおしてね。画像は、三角ボタンだよ)

今日の生き物は、でっかい生き物

「クジラ」。

実はクジラは夢をみることができる!

クジラに一番近い生き物は カバだった!

歌を歌うクジラの中に、誰にも理解されない歌を歌い続ける「52」という 孤独のクジラがいた!

もちろん、かける曲は くじらのうた。

お楽しみに!

★★★

孤独のクジラ「52」のこと。

普通、クジラは群れをなし、特にザトウクジラのオスは、求愛のためと、仲間とはぐれないように、歌を歌います。その歌は、非常に心地よい歌で、クジラの歌は 癒しの音楽によく使われます。

そんな中に、一頭だけ、普通の歌を歌わないクジラがいます。名前は「52」。
名前のとおり、52ヘルツで歌を歌っているのです。通常、クジラは、17〜25ヘルツで歌を歌うので、52の歌は、高すぎて、誰も反応しません。
なので、一頭でいつも行動しているようなんです。

52は、たった一頭で、同じ歌を歌っているのです。20年も。

そして、どこで何をしているのか、さっぱりわかっていません。誰も52の姿をみたことがないのです。

52は歌によってのみ、その存在が明らかになっているのです。

私は思いました。確かに他のクジラには伝わらないのかもしれない。でも、何か、52にとって大切な存在にだけ、彼の歌は伝わっているのではないのかと。

その歌を歌い続けて20年。52が誰を思って歌を歌っているのか、知りたくなりました。

みなさんも興味あれば調べてみてね。
2016-08-10

8月7日 夜中のラジオ

13900337_1072647219483154_1472827315689865040_n.jpg


ちょっとだけ酔ったまま、エフエムポコの前を通過。 日にち超えて、今から4時間後、1時から3時まで、エフエムポコ 20時間ほぼ生ナマラジオ に アサノコウタくんと出演します。これ以上酔わないようにしますから!

みなさん、起きてたら是非きいてね。

放送圏外の方でも、ホームページからきけます。

http://www.fm-poco.co.jp/

(音をきくときは、右上のサイマルラジオのプレイボタンをおしてね。画像は、三角ボタンだよ)

13900328_1749054472021088_824302324806456233_n.jpg

放送の様子

映ってる女子は ミスインターナショナル福島代表 候補の 小林愛ちゃん
2016-08-10

8月2日 HAPPYBOX762 金魚

13895216_1069044039843472_6125597169248195703_n.jpg

福島コミュニティー放送
エフエムポコ (FM762)
HAPPY BOX762 火曜日担当は私。
朝10時から放送。

放送圏外の方でも、ホームページからきけます。

http://www.fm-poco.co.jp/

(音をきくときは、右上のサイマルラジオのプレイボタンをおしてね。画像は、三角ボタンだよ)

今日の生き物は、夏の風物詩

「きんぎょ」。

金魚は宅急便で送ることができるのか?

「う⚪️こは続くよ、ど〜こまでも〜🎶」
なぜ、金魚はう⚪️こが長いのか?

昨年特集した、日の全く当たらない浄化槽で7年も生きた奇跡の金魚 を振り返ります。

お楽しみに!

★★★

2016-08-10

7月26日 HAPPYBOX762 ピカチュウ

13781904_1060968420651034_6644779860273530729_n.jpg

福島コミュニティー放送
エフエムポコ (FM762)
HAPPY BOX762 火曜日担当は私。
朝10時から放送。

放送圏外の方でも、ホームページからきけます。

http://www.fm-poco.co.jp/

(音をきくときは、右上のサイマルラジオのプレイボタンをおしてね。画像は、三角ボタンだよ)

今日の生き物は、週末から大流行の、

「ピカチュウ」と、「ピカチュウウミウシ」

初の企業キャラ。って、生き物かっ!

そして、ウミウシ〜!
似てるからって、名前にしちゃっていいの〜?

お楽しみに!


★★★

ピカチュウ

ピカチュウとは、任天堂ゲーム『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)である。 ポケモンを代表するポケモン。「ねずみポケモン」の分類の通り、齧歯類をモチーフとしたポケモン。ピカチュウはハムスターのイメージ。

ポケモン図鑑に記録されている標準的な体長は0.4m、体重は6.0kgである

全体的に黄色い体をしているのが特徴。
頬には赤斑点に見える「でんきぶくろ」と呼ばれる、電気を生成するための器官が備わっているここから溜め込んだ電気の放電を行っている。
本気で放電をすると雷に匹敵するほどの電撃を撃ち出せる。
また、電気袋からチリチリと電気を出しているときは、警戒をしている証拠。
公式のイラストなどでは電気袋の大きさは瞳より若干大きめで描かれてる場合が多い。

戦う時は体当たりをしたり、尻尾を叩きつけたりする他、この「でんきぶくろ」で作られた電気を放出して相手にぶつける「10まんボルト」や「かみなり」で相手を攻撃する。尻尾を掴まれることを嫌い、無闇に引っ張る者には噛み付くこともあるという。硬い木の実でも、電撃で焼いて柔らかくしてから食べるという知恵も持っている。また、電気ねずみと呼ばれると機嫌を損ねることも。また、何匹か集団でいるとそこに猛烈な電気がたまり、稲妻が落ちることもあるらしい
小さくて見づらいが指は5本あり、足の指は3本付いている。
背中には横に2本の茶色の縞模様が横に入っており、尻尾は電気マークをイメージさせるギザギザな形をしている。
また、尻尾の根元から尾っぽの中心付近にかけて茶から黄色に毛並みが変色しており、耳の先端は黒くなっている。

尻尾を立ててあたりの様子を探っている。その際にうっかり尻尾を掴むと反撃される。初めて見た物には電気を当てる。硬い木の実を電気で焼いて軟らかくする知恵を持っているが、黒焦げの木の実が転がっていたらそれはピカチュウが電気の強さの調整を間違えた証拠。
森で仲間と暮らす。

また、オスとメスでは外見が若干変わっており、メスの場合は尻尾の先が二股に分かれておりハートマークのような形になっている。

ピカチュウウミウシ
ポケットモンスター(以下、ポケモン)に登場するキャクター「ピカチュウ」がウミウシの一種である「ウデフリツノザヤウミウシ(学名:Thecacera pacifica)」に似ているとしてネット上で話題になってます。
なぜ今頃話題になっているかは不明ですが、ネット上では、「見事にピカチュウ」、「これ飼いたい」「まさにピカチュウ」など驚きの声が次々に上がっているのです。実際に記者も見てみましたが、このウミウシ、黄色の体色で先端も黒くまさにピカチュウそのもの!
またソックリ度100%からこのウミウシ、なんと「ピカチュウウミウシ」とも呼ばれ、多くのポケモンファンにも愛されているのだそうです。
日本では、伊豆大島、小笠原、奄美大島、種子島、竹富島、屋久島などなど多くの地域で観察できるというので、もしチャンスがあれば、この「ピカチュウウミウシ」、この夏見に行ってみてはどうでしょう。ぜひとも、ピカチュウと並べて比較してみて!

2016-07-21

7月19日 HAPPYBOX キーウィ

13692483_1055828741165002_7898805325103314401_n.jpg

福島コミュニティー放送
エフエムポコ (FM762)
HAPPY BOX762 火曜日担当は私。
朝10時から放送。

放送圏外の方でも、ホームページからきけます。

http://www.fm-poco.co.jp/

(音をきくときは、右上のサイマルラジオのプレイボタンをおしてね。画像は、三角ボタンだよ)

今日の生き物は、とべない鳥

「キーウィ」。

実は羽あるし!

鼻の穴の位置は、くちばしの根元じゃなくて、先っちょなんだぜぃ!

たまごは、びっくりするくらいでっけーんだぜぃ。世界で⚪️番目だしー。

たまごは、オスがあっためるんだけど、
おっきいから、なかなかあったまんないんだぜぃ!

この生き物も、生きづらい感じがプンプンします(; ̄ェ ̄)。

お楽しみに!

★★★★★

キーウィ(Kiwi)は、ニュージーランドに生息する飛べない鳥類である。
ニュージーランド固有種で国鳥である。しばしばニュージランドやニュージランド人のシンボル、象徴とされる。
ニュージーランド人はしばしば「自分はキーウィだ(だわよ)」と言う。またサッカー、ラグビー、野球などの国際試合ではニュージーランド代表をキーウィズと自ら名乗ったり実況、解説者にそう呼ばれたりする。ひとつには、キーウィーはとても個性的な鳥だと彼らは思っていて、同様に自分もとても個性的だ、という意味でそう言うという。
また、オスが巣作りや子育てをすることから、ニュージーランドでは家事に協力的な夫を「キーウィ・ハズバンド (kiwi husband)」 と呼ぶ。
■フルーツのこと
キーウィといえば、果物のキーウィフルーツを連想される方がほとんどではないでしょうか。しかし本家本元のキーウィはニュージーランドに住む鳥を指しています。キーウィフルーツは百年程前に原産地の中国からニュージーランドへ持ち込まれ、品種改良に成功して世界各地に輸出されるに及んで、国の象徴ともいえるキーウィをブランド名に拝借した次第。

■どんな鳥か
鶏くらいの大きさで、翼は近くから見ても外見上確認が難しいほどに退化しているため飛ぶことは出来ない。骨の構造上は翼(前肢)は存在しているが、成熟した個体の羽毛をめくってみても、その長さはせいぜい5cmほどである。翼が退化したかわりに、同程度の体格を持つ他の鳥類に比べてたくましい脚で速く走る。

羽がないんじゃないんですねー。ちょびっとある。


■鳴き声
では、そんなキーウィ君、どんな鳴き方をするのでしょう?
鳥なんだから ピー!だろうと思う方も多いかもしれません。
でも、ご期待通り、違います。
答えは  「キーーーーーウィ!」 まさにそのまま。ニュージーランドの先住民であるマオリ族からキーウィーと名付けられた。

そんなキーウィですが、さまざまな不思議な生態をもっています。

■鼻の位置
ほとんどの鳥はにおいをかぐ嗅覚(きゅうかく)が劣っているのですが、キーウィはすばらしい嗅覚(きゅうかく)の持ち主です。
目はあんまりよくないんだけど、鼻はきくんですね。
特徴的なのは、外鼻孔、鼻の穴の位置です。通常、鳥の外鼻孔はくちばしの付け根に左右に一対ついているものですが、キーウィの場合は細長い嘴(くちばし)の先端にあります。この嘴(くちばし)を地面に差し込み、主食となるミミズなどを探し当てるのです。

→鼻の孔に土とかはいらないのかなあ。鼻毛はのびているのか?

■たまごの大きさ
驚くのは卵の大きさです。絶対的な大きさではこの地球上に現存する最大の鳥類、ダチョウの卵がもっとも大きく、重さは約1600gもあります。
以下、エミュー(約700g)、ヒクイドリ(約600g)、レア(約500g)と大きい卵が並ぶのですが、この次がキーウィなのです。
あんなちっこいのに、たまごだけ、世界で5番目に大きいのだそう。

ダチョウは雌の体重が120kgほどあるのですが、体重と比べた卵の重さは2%以下です。一方、キーウィの雌は体重約2kg、ニワトリくらいの大きさを想像していただいたらいいでしょう。しかし卵はなんと約400gもあります。つまり体の重さと比べて20%(体の四分の一)の重さの卵を産むわけです。体との相対比でいくといかに大きな卵を産むかお分かりいただけると思います。

ちなみに皆さんが食卓で食べるニワトリの卵は約60g、母鳥の体重2kgとすれば3%ということになります。

■卵がかえる時間の長さ
キーウィは、卵がヒナに孵(かえ)るまでの日数である孵化(ふか)日数、これがとてつもなく長い日数を要するのです。おなじみの鳥であるニワトリが21日、ツバメが14日、スズメは11日、最大の卵であるダチョウでは42日、それを上回るのがオウサマペンギン53日、ヒクイドリ56日。しかしキーウィはなんと75日という長さなのです。ちなみに鳥類の最長はワタリアホウドリの80日でキーウィはそれに次ぐものです。
そんでもって、卵をあっためるのはオス。
キウイは年間2、3個の卵を産む。メスは産卵を終えると巣穴からでていってしまいます。そこで卵を守るのはオスで、孵化(ふか)まで2ヶ月半も温め続けます。
それは、卵が巨大で、キウイの体温が38度と普通の鳥類よりも2度低いため、孵化までに長い時間を要するのです。

■昔、ダチョウ目に分類されていた。
ダチョウからの猛抗議に会ったのか、今ははずされている。

→ まあ、ダチョウからしてみれば あんなちっこくてよわっちいやつが自分の仲間だってきいても、
「はあ?」って感じですよね。認めたくないわな。

■ そんなキーウィ君、お察しのとおり、数がへっています。
マオリ人がニュージーランドにたどりついて頃は1200万ものキウイがいましたが、1930年までにキウイの数は500万までゆっくり減少し、今日では5~6万羽しか残っていません。その数はさらに急減しています。 今までは天敵がいなかったのですが、人間が持ち込んだ、ネコなどにヒナがやられてしまう、なつっこいために、すぐつかまって、食用にされるという悲しい現実もあったようです

でも、今は、ニュージーランドの象徴ですから、絶えさせてはいけないと、キーウィを救う会できて活動されている。

かわいいからね。たすけなくなくっちゃとおもいますよね。

■ニュージーランドのマオリ族が 語り継いでるキーウィーの物語にこんなのがあるので、ご紹介します。

ある日、森の王タネ・マフタは森の中を歩いていた。彼の子である木々はとても病んでいるかのように見えた。地面で暮らす虫たちによって食べられていたからである。あまりにも深刻そうであったため、彼は兄であり、空の王であったタネホカホカにこのことについて相談をした。「このままでは森が死んでしまう」と。
これを聞いたタネホカホカは空に住む鳥たちを一堂に集め、地上に降りて虫を食べて森林を守ってくる鳥を募った。 しかし、どの鳥も口を開くことはなかった。そこで、彼はプケコ、タカヘらに順に事を頼んだ。しかし、彼らはそれぞれの理由を述べ、彼の要請に応じなかった。そこで彼はキーウィに頼んだ。するとキーウィはこの王の要請に応じた。「参ります」と。
二人の森と空の王はこれにとても喜んだ。そこで、彼らはキーウィに確認をした。元来、キーウィは美しい羽毛、翼を持っていた。だが、地上で暮らすにはその翼を失い、強靭な脚をもつ必要がある、と。それでもキーウィは「参ります」と言った。これに対しタネホカホカは次のように述べた。「君の大いなる犠牲によって、君は森の中で最も愛される鳥となるだろう」
こうして、キーウィは今のような姿となり、王の要請に応じなかった鳥たちはキーウィを見習えと、彼らの自慢だった美しい羽を取り上げた。

ってか、タカにとっては、「はあ?」じゃないですか? くじ運悪かったですねえ。 
「虫を交換条件に鳥の象徴の羽をなくすって…。うちら、虫だけじゃいきていかれんし。肉くいたいしー!」
こう思うのは当然ですね。
「断ったくらいで羽きったなくするなんざ、心せまくね?」  絶対おもってます。

あと、キーウィも、単純に虫食いたかっただけかもしれないし。


■ どこで会えるか?
ニュージーランドにいってもらうのが一番早いですが、日本では、大阪の天王寺動物園にいるそうです。
漫才してるかもだし、たこ焼き食べてるかもしれません。
是非、このなつ、かわいくて、もこもこした、なつっこい鳥 キーウィーに会いにいきませんか?

カテゴリー
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる